映画ナタリー

「銀魂」現場で小栗旬、菅田将暉、橋本環奈がかぶと狩り!エリザベスにキャスト爆笑

7143

「銀魂」撮影現場の様子。左から橋本環奈、小栗旬、菅田将暉。

「銀魂」撮影現場の様子。左から橋本環奈、小栗旬、菅田将暉。

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める「銀魂」の撮影に、映画ナタリーが密着した。

空知英秋のマンガを実写化した本作は、パラレルワールドの江戸が舞台のアクションエンタテインメント。主人公の万事屋・坂田銀時を小栗が演じ、志村新八役を菅田将暉、神楽役を橋本環奈が務める。

クランクインから約1カ月半が経過した8月下旬のこの日は、小栗、菅田、橋本に加え、真選組・土方十四郎役の柳楽優弥と沖田総悟役の吉沢亮、そして攘夷浪士・桂小太郎役の岡田将生が参加。原作マンガ10巻に収録されている、通称“かぶと狩り”こと第83訓と84訓をアレンジしたシーンが撮影された。これは、万事屋3人がカブトムシ採集へ行ったところ、将軍のペットである金色のカブトムシを探しに来た真選組の面々と遭遇するというエピソード。キャラや世界観の説明のため、映画の冒頭部分としてチョイスされた。

茨城県内に作られた“かぶき町”のセットでは、全身青塗りやアフロ頭といった奇抜な外見の天人たちが闊歩する。そこへ金色のカブトムシを追う銀時、新八、神楽、土方が全力ダッシュで登場。その後ろから、大量の真選組隊員が追いかけてくる。カブトムシはCGで作られるが、ここでは邦画現場で初導入となるプリビジュアライゼーションカメラを駆使し、その場で簡易版CGを合成しながら撮影が進められた。キャストたちはカットがかかるたびに、福田のいるモニターテントに集まって映像を確認。菅田の「運動会みたい(笑)」という発言には全員が手を叩いて笑う。小栗や菅田は、自分のシーンが終わってもモニター横で福田と雑談を楽しんでいた。

紅一点の橋本は成人男性に交じって全力疾走するも、タイミングが合わず何度か撮り直しに。小栗に「男と同じスピードで走れるのがすごいよ」と励まされると、「銀ちゃんが速すぎるんだよ!(笑)」と返す。この場面のほかにもヒロインならぬ“ゲロイン”神楽として体を張った橋本は「鼻ほじのシーンが終わったあとに、みんなに拍手してもらったんですよ、なぜか(笑)。すごくうれしかったし、やりきれた」と振り返った。

かぶと狩りの後半には、桂とペットのエリザベスの初登場シーンも。岡田に続いて着ぐるみのエリザベスが現れると、モニターで見ていたキャストたちも大爆笑。小栗は「あ、この映画はみんな観るな。この画(エリザベス)だけで面白い」と自信を覗かせる。フルCGの定春と違いアナログ仕様のエリザベス。中に入ったスーツアクターは、レザー製の羽織りを着た岡田に負けず劣らず暑さとの戦いだ。下半身の布をまくり上げてスタッフがうちわで扇ぐと、中に入った男性のたくましい足があらわになるのも、ある意味原作通りと言える。

さらに桂が虫取り網を使って20人あまりの真選組を撃退するアクションも撮影。岡田と同じ“ヅラ”を着用したスタントマンが、デモンストレーションを繰り返す。アクションを担当したのは、小栗出演のドラマ「ウロボロス ~この愛こそ、正義。」のチャン・ジェウク率いる韓国チーム。福田は「僕と小栗くんの共通認識として、チャンバラは飽きちゃうからあまり好きじゃないっていうのがあって。僕『キック・アス』とか『キングスマン』とかハリウッド的なアクションが好きなんです。小栗くんがチャン監督のデモテープを見せてくれたら、まさにその感じだったんですよ」と語る。また終盤には、バズーカを担いだ吉沢が駆けつける。剣豪・沖田役の吉沢は自らも剣道二段を所有しているが、この日はその腕前披露もおあずけとなった。

なお原作のかぶと狩りでは、カブトムシをおびき寄せるため、真選組局長・近藤勲が全裸に蜂蜜を塗りたくった姿で登場する。この日すでに近藤役・中村勘九郎の出演パートは撮り終えていたため詳細は不明だが、小栗は「勘九郎さんのシーンは本当に面白かったです。ずっと笑ってました。すごい覚悟を感じましたからね……。その覚悟、必要なのかなって思いながら見てましたけど(笑)。でも勘九郎さんのあの現場を見て、みんな一気に触発された感じはありました」と証言。さらに菅田も「“後の人間国宝かもしれない中村勘九郎が森で蜂蜜塗って全裸で立ってるわけないだろう”みたいなツッコミが、全部フリにしかならない作品になってる」と言及しているので、ファンはお楽しみに。

「銀魂」は、7月14日より全国ロードショー。なお映画ナタリーでは、今後真選組アクションシーンの現場レポートもお届けする。

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

映画ナタリーをフォロー