映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「銀魂」真選組現場レポ、柳楽優弥が全身の穴かっ開く&吉沢亮はバズーカぶっ放す

7320

「銀魂」撮影現場の様子。左から柳楽優弥、吉沢亮。

「銀魂」撮影現場の様子。左から柳楽優弥、吉沢亮。

福田雄一監督作「銀魂」の真選組登場シーンの撮影に、映画ナタリーが密着した。

空知英秋のマンガを実写化した本作は、パラレルワールドの江戸が舞台のアクションエンタテインメント。主人公の万事屋・坂田銀時を小栗旬が演じる。

2016年9月、東京都内のスタジオで撮影されたのは、高杉晋助率いる攘夷過激派集団“鬼兵隊”の船に、真選組が乗り込むシーン。土方十四郎と沖田総悟が、居合い斬りの達人・岡田似蔵と対面する場面だ。

真選組の“鬼の副長”と恐れられる土方役の柳楽優弥はタバコをくわえて刀を手に、隙あらばNo.2の座を狙うドS・沖田役の吉沢亮はバズーカを担いで登場。同シーンでは、新井浩文扮する“人斬り似蔵”を前にした沖田が、土方を盾にその危機を回避しようとする。それを受け土方が「嘘でしょーっ!!!」と絶叫する場面では、福田から柳楽へ「全身の穴という穴、全部かっ開いて!」と指示が飛ぶ。戸惑うことなくその演技に挑んだ柳楽は、カットがかかりスタッフから笑いが起こると、安堵の表情を見せていた。

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」などに続き4度目の参加となる福田組の魅力を、柳楽は「台本がやっぱり面白くて、読んでて笑っちゃいます。それで、現場に行ったらもっと爆笑だし」と語る。さらに「僕がこの仕事を始めるきっかけになったのは、カッコつけたいとかじゃなくて、人を笑わせたいということ。そういう意味で、面白がってもらえる作品に関わることができる福田組は居心地がいいんだと思う」と続ける。また本作で共演した高杉役の堂本剛に憧れているそうで「僕、堂本剛さんが大好きなんですよ。嫁が大好きなので、悔しさもあるけど確かにカッコいいし……みたいな(笑)。実際お会いするとやっぱりカリスマ性がだだ漏れだし、色っぽいですよね。天才ってイメージです」と熱弁。しかしこの日はまだ堂本と会話ができておらず、「どのタイミングで話そうかな」と作戦を練っていた。

一方吉沢はこの日、福田からバズーカの構え方や立ち去り方、手の角度など細部にわたり演出を受けた。自身は剣道二段を所有していることから、「僕は基本的にバズーカをぶっ放しているんです。ちょっと残念ですね(笑)」と明かす。キャスト発表の新聞記事を見て「これだけ主役級の豪華キャストの皆さんがババババンといる中に、1人だけ僕がポツーンといて申し訳なかった」と謙遜する吉沢。「すごい方々が集まってるけど基本的にふざけた雰囲気というか(笑)。もちろんピリッと緊張感はあるけど、監督の持っている空気がフランクなので、笑いの絶えない現場です」と笑顔を見せる。この日オールアップを迎えた本作の撮影を「コメディは本当に難しいので、ビクビクしながらやってました。監督はどんな顔でこの場面を観てるのかな?ってドキドキしてました」「監督が笑ってくれると、こっちも超安心する」と振り返った。

柳楽、吉沢ともに、今回印象深かったのは真選組局長・近藤勲役の中村勘九郎であると明かす。2人とも勘九郎の歌舞伎を観に行ったことがあるそうで、現場での彼の様子に関して吉沢は「無駄なことが一切ない。芝居のことだけじゃなくて、現場での在り方を考えていらして、素晴らしい役者さんだと思った」と尊敬の念を込める。また柳楽は、“かぶと狩り”シーンを振り返り「隣ですごい格好してるわけですよ(笑)。蜂蜜を塗りたくって、揚げ句の果てに全裸になってる」と爆笑。共演初日は気温が高かったこともあり、「ド緊張しちゃって。すごい人が隣にいるし、暑いしで、もう汗だくでびちゃびちゃでした。2016年で一番緊張したんじゃないかな」と明かした。なおこの日撮影されたシーンに近藤が登場しないことには理由があるので、ファンは期待しておこう。

「銀魂」は、7月14日より全国ロードショー。

※関連記事はこちらから
「銀魂」現場で小栗旬、菅田将暉、橋本環奈がかぶと狩り!エリザベスにキャスト爆笑

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

映画ナタリーをフォロー