小栗旬

小栗旬

オグリシュン

1982年12月26日生まれ、東京都出身。1998年に「GTO」で連続ドラマに初めてレギュラー出演する。2005年、ドラマ「花より男子」で花沢類を演じてブレイク。2007年に三池崇史監督作「クローズZERO」が公開され、エランドール賞新人賞や第17回日本映画批評家大賞主演男優賞に輝く。2010年には「シュアリー・サムデイ」で監督デビューを果たした。以降「キツツキと雨」「宇宙兄弟」「ルパン三世」「ミュージアム」「追憶」「銀魂」「人間失格 太宰治と3人の女たち」、ドラマ「リッチマン、プアウーマン」「ウロボロス~この愛こそ、正義。」「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」、ドラマと映画が展開された「信長協奏曲」などに出演。2020年以降の出演作には、ハリウッドデビューを果たす「Godzilla vs. Kong(原題)」や星野源と共演した「罪の声」、2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」などがある。舞台俳優としても評価が高く、「ハムレット」「お気に召すまま」「カリギュラ」「ムサシ」といった蜷川幸雄演出の作品に多く参加した。妻はモデル・女優の山田優。

リンク

関連する画像