キム・ソヒョン主演、韓国ミュージカル「マリー・アントワネット」配信

315

韓国ミュージカル「マリー・アントワネット」が11月20・21日にPIA LIVE STREAMで配信される。

「韓流ぴあPresents Kミュージカルシネマ 韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』」配信の告知ビジュアル。

「韓流ぴあPresents Kミュージカルシネマ 韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』」配信の告知ビジュアル。

大きなサイズで見る(全7件)

キム・ソヒョン(提供:EMK Musical Company co., Ltd)

キム・ソヒョン(提供:EMK Musical Company co., Ltd)[拡大]

ミュージカル「マリー・アントワネット」は、遠藤周作の小説「王妃マリー・アントワネット」を原作としたミュージカル。ミヒャエル・クンツェ脚本・作詞、シルヴェスター・リーヴァイ作曲で、2006年に東宝によって日本初演され、2014年には韓国版が初演された。今回配信されるのは、韓国で今年上演された公演だ。マリー・アントワネット役をキム・ソヒョンが務めたほか、フェルセン伯爵役をイ・チャンソプ(BTOB)とミン・ウヒョク、オルレアン公役をミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョンがそれぞれWキャストで演じた。

ミン・ウヒョク(提供:EMK Musical Company co., Ltd)

ミン・ウヒョク(提供:EMK Musical Company co., Ltd)[拡大]

キム・ジュンヒョン(提供:EMK Musical Company co., Ltd)

キム・ジュンヒョン(提供:EMK Musical Company co., Ltd)[拡大]

舞台は18世紀のフランス革命期。劇中では王妃マリー・アントワネットと、革命を牽引したマルグリット・アルノーの人生が対照的に描かれる。視聴チケットは本日10月23日10:00に販売開始。アーカイブ配信は実施されない。なお、視聴チケット購入の中から抽選で10名に「韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』2021プログラムブック」がプレゼントされる。

この記事の画像(全7件)

「韓流ぴあPresents Kミュージカルシネマ 韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』」配信

2021年11月20日(土)・21日(日)

Produced by EMK Musical Company
Executive Producer Eum Hong Hyeon
Book and Lyrics by Michael Kunze
Music and Orchestration by Sylvester Levay
Direction & Dramatization by Robert Johanson
Producer Sophy Jiwon Kim
Inspired by the novel “QUEEN MARIE ANTOINETTE” by Shusaku Endo
Original Production by Toho Co., Ltd.

出演

A公演:キム・ソヒョン、ミン・ウヒョク、キム・ジュンヒョン
B公演:キム・ソヒョン、イ・チャンソプ、ミン・ヨンギ

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 キム・ソヒョン / キム・ジュンヒョン / ミヒャエル・クンツェ / シルヴェスター・リーヴァイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします