玉城流いずみ会・又吉靜枝の芸道70周年公演「千年の祈り」慰霊の日に開催

11

「千年の祈り~七十路に立ちて 踊い誇ら~」が、6月23日に沖縄・琉球新報ホールで開催される。

玉城流いずみ会 又吉靜枝 芸道七十周年記念公演「千年の祈り~七十路に立ちて 踊い誇ら~」チラシ表

玉城流いずみ会 又吉靜枝 芸道七十周年記念公演「千年の祈り~七十路に立ちて 踊い誇ら~」チラシ表

大きなサイズで見る(全4件)

又吉靜枝

又吉靜枝[拡大]

これは、玉城流いずみ会の家元・又吉靜枝が、2019年に芸道70周年を迎えたことを記念して行われる公演。開催日である23日は、1945年、第二次世界大戦における沖縄戦が終結した日として、沖縄県が慰霊の日に定めている。今回の公演では、鎮魂と平和の世を願う「鎮魂の舞」が披露されるほか、琉球舞踊探求のため長年研究されてきた「江戸上りの芸能」を、「琉球人舞楽絵図」といった文献をもとに再現する。

出演には、靜枝に加え、玉城流いずみ会の門下生、靜枝の妹である玉城千枝、島袋八重子、玉城流てだの会の舞踊家たち、新垣悟、田口博章、玉城匠、上原崇弘らが名を連ねた。

なお本公演では、支援金を募集するクラウドファンディングをREADYFORにて実施中。支援募集は6月20日23:00まで。

又吉靜枝コメント

稽古の様子。

稽古の様子。[拡大]

いつも玉城流いずみ会を応援いただき誠にありがとうございます。

この度、不安な状況下ではありますが、私の芸道七十年の節目に、悠久のときを経て先人から紡いできた沖縄の宝・琉球芸能を平穏な世界と共に常世に繋げてゆけるよう、負けてはいられないと「千年の祈り」と題し、開催することを決めました。 その声に門下生たちがこのように支援のお願いを立ち上げてくれました。

琉球芸能、そして沖縄を愛する皆さまと琉球舞踊の祈りの心をこの機会を通じて共にできればと思います。

ご支援賜れますと嬉しく想います。

この記事の画像(全4件)

「玉城流いずみ会 又吉靜枝 芸道七十周年記念公演『千年の祈り~七十路に立ちて 踊い誇ら~』」

2021年6月23日(水)
沖縄県 琉球新報ホール

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします