「忍ミュ」第11弾再演が本日開幕、湯本健一ら6年生メンバーが上演への感慨語る

61

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」が、本日4月9日に東京・東京ドームシティ シアターGロッソで開幕した。

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」より。(撮影:田中亜紀)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」より。(撮影:田中亜紀)

大きなサイズで見る(全10件)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」より。(撮影:田中亜紀)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」より。(撮影:田中亜紀)[拡大]

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」フォトセッションより。(撮影:田中亜紀)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」フォトセッションより。(撮影:田中亜紀)[拡大]

本作は、尼子騒兵衛のマンガ「落第忍者乱太郎」および同作を原作としたアニメ「忍たま乱太郎」を舞台化したミュージカル「忍たま乱太郎」シリーズの第11弾の再演。竹本敏彰が脚本・作詞・演出を手がけ、出演者には忍術学園の6年生である立花仙蔵役の湯本健一、潮江文次郎役の渡辺和貴、中在家長次役の新井雄也、七松小平太役の木村優良、食満留三郎役の鈴木祐大、善法寺伊作役の反橋宗一郎らが名を連ねている。

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」フォトセッションより。(撮影:田中亜紀)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」フォトセッションより。(撮影:田中亜紀)[拡大]

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」より。(撮影:田中亜紀)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」より。(撮影:田中亜紀)[拡大]

開幕に際し、湯本は「11弾初演はコロナ禍で公演数が減ってしまったりしましたが、今回は無事に何事もなくみんなと一緒に突っ走れたら」と作品への思いを語り、渡辺は「とにかく全精力をかけて、全員で乗り切りたい」とコメント。新井は「今回の11弾再演はみんなで稽古最終日まで詰めてきたので、初日からすべてを出していけたら」と意気込みを述べる。

木村は「忍たまファミリー全員でできることに改めて感謝しながら、11弾最後となる再演をお客様に届けて、最後はみんなで笑顔で終われたらいいなと思います」と話し、鈴木は「悔しい思いをしてから約1年が経ちまして、あれからすべての面においてパワーアップ、グレードアップしたものを皆さんにお届けできたら」と言葉に力を込める。そして反橋は「僕たち自身全力でステージに立ち、観に来て下さったお客様を全力で元気にさせたいですし、そしてその元気の輪が日本に広がって、少しでも日本が元気になってくれれば」と目標を掲げた。

上演時間は約2時間。公演は4月25日まで。なお、本日行われた初日公演は、SwipeVideoでマルチアングル生配信された。配信は、13日までアーカイブ視聴することができる。

湯本健一コメント

11弾初演はコロナ禍で公演数が減ってしまったりしましたが、今回は無事に何事もなくみんなと一緒に突っ走れたらなと思います。初演は公演が中止になってしまった日もあり、観に来られなかったという方もいると思います。今回は、全公演完遂できることをみんな目標にしていて、ちゃんと全公演できるように頑張りますので、配信もありますし、何らかのかたちで観ていただけたらと思います。

渡辺和貴コメント

とにかく全精力をかけて、全員で乗り切りたいと思います。11弾再演の稽古では、お芝居もそうですが、コロナ対策を全力でやってきて、今ステージに立てていることが嬉しいです。11弾は公演が中止になったりと、本当にいろいろなことがありました。今回は初日から配信がありますので、会場に来るのがなかなか難しい方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方は配信を観ていただいて、僕たちが皆さんを元気にできる公演になっていると信じておりますので、ぜひ観ていただけたらなと思います。

新井雄也コメント

初演では尼崎公演が中止になってしまい、東京公演も半分近く中止になってしまったので、今度こそは全員で完走していきたいという気持ちでいっぱいです。今回の11弾再演はみんなで稽古最終日まで詰めてきたので、初日からすべてを出していけたらなと思います。この1年はお客様の優しさを感じる日々でした。お客様がいないと公演はできないじゃないですか。やっぱり待ちわびてくださるみなさまがいるからこそ、私たちは、ステージに立って、忍ミュができるので、改めて本当に感謝したいです。

木村優良コメント

初日を迎えられるのは何よりもうれしいですし、最後までやりきれると信じております。忍たまファミリー全員でできることに改めて感謝しながら、11弾最後となる再演をお客様に届けて、最後はみんなで笑顔で終われたらいいなと思います。舞台に立つということがなかなか難しい状況ではありますが、こうやって立てているのは、支えてくださる方たちがいるからです。支えてくださる方たちの思いも持って、全力でお客様に届けたいという想いが強いです。

鈴木祐大コメント

悔しい思いをしてから約1年が経ちまして、あれからすべての面においてパワーアップ、グレードアップしたものを皆さんにお届けできたらなと思います。厳しい情勢が続いてはおりますが、スタッフさんのおかげで、衣装の口あてなど忍たまならではの、忍たまでしかできないんじゃないないかというような工夫をたくさんしていただいてステージに立てています。そんなスタッフさんの思いもお客様に届けれられればなと思います。

反橋宗一郎コメント

こんなに長い間、同じ弾をやっていたことは今までないんじゃないかと。この第11弾再演はその締めくくりの公演になると思いますので、全員で気合を入れてやっていきたいと思います。再演ではありますが、初演を観られた方も楽しめるような演出もたくさんありますので、そんな方にも楽しんでいただけるような勢いで頑張っていきたいと思います。

“お客様も含めての忍たまファミリー”と常々言っていて、何があっても応援し続けてくれるお客様と一体になれる忍たまファミリーは本当に素敵で、このご時世でも公演は続けたいですし、このご時世だからこそやる意味があるのかなと思っています。

僕たち自身全力でステージに立ち、観に来て下さったお客様を全力で元気にさせたいですし、そしてその元気の輪が日本に広がって、少しでも日本が元気になってくれればなと思います。初演と違い、今回は初演ではあまりピックアップされていなかった人物が掘り下げられていたり、ストーリー性が強くなっていたり。僕個人としては「伊作はちゃんと保健委員だったんだぞ」というところを見せられます! そして、新しく相方となった(鈴木)祐大くんの挑戦的な場面もできまして、彼はカーテンコールでカッコつけるタイプですが、そういうところをぶち壊すシーンになるのではないかと(笑)

この記事の画像(全10件)

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第11弾再演 ~忍たま 恐怖のきもだめし~」

2021年4月9日(金)~25日(日)
東京都 東京ドームシティ シアターGロッソ

原作:尼子騒兵衛 著「落第忍者乱太郎」よりアニメーション「忍たま乱太郎」
脚本・作詞・演出:竹本敏彰
音楽監督・作曲・編曲・スーパーバイザー:玉麻尚一

キャスト

忍術学園 6年生

立花仙蔵:湯本健一
潮江文次郎:渡辺和貴
中在家長次:新井雄也
七松小平太:木村優良
食満留三郎:鈴木祐大
善法寺伊作:反橋宗一郎

忍術学園 5年生

尾浜勘右衛門:佐藤智広

忍術学園 4年生

平滝夜叉丸:龍人
綾部喜八郎:渡邉嘉寿人
田村三木ヱ門:三井淳平
浜守一郎:高畑岬
斉藤タカ丸:坂下陽春

忍術学園 1年生

猪名寺乱太郎:生出真太郎、入内島悠平
摂津のきり丸:矢部有理、堀田羅粋
福富しんべヱ:相澤子龍、末次寿樹

忍術学園関係者

大川平次渦正:迫英雄
土井半助:一洸
山田伝蔵:今井靖彦

ドクタケ忍者隊

稗田八方斎:幹山恭市
キャプテン達魔鬼:高橋光

ドクタケ忍者隊 弐:小笠原竜哉
ドクタケ忍者隊 参:伊藤俊
ドクタケ忍者隊 肆:石黒鉄二
ドクタケ忍者隊 伍:白崎誠也
ドクタケ忍者隊 陸:開沼豊

荒れ屋敷の住人

飽食の三郎太:松下軽美
千兵衛:逢沢優
小梅:福島桂子
竹虎:福井博章
時宗:翁長卓
道山:森大

※高畑岬の「高」ははしご高が正式表記。
※生出真太郎と入内島悠平、矢部有理と堀田羅粋、相澤子龍と末次寿樹はWキャスト。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

湯本健一のほかの記事

リンク

(c)尼子騒兵衛/NHK・NEP (c)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 湯本健一 / 渡辺和貴 / 新井雄也 / 木村優良 / 鈴木祐大 / 反橋宗一郎 / 佐藤智広 / 三井淳平 / 迫英雄 / 今井靖彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします