井上芳雄が雪深い王国の“馬鹿王子”に、蓬莱竜太「首切り王子と愚かな女」

664

パルコ・プロデュース「首切り王子と愚かな女」が、6月15日から7月4日まで東京・PARCO劇場で上演される。

パルコ・プロデュース「首切り王子と愚かな女」出演者

パルコ・プロデュース「首切り王子と愚かな女」出演者

大きなサイズで見る

本作では、2015年に上演された「正しい教室」以来約6年ぶりに、蓬莱竜太井上芳雄がタッグを組む。“大人の寓話”を掲げるストレートプレイとなる本作では、架空の雪深い王国を舞台とした物語が展開。英雄で人格者だった先王が早くに没して20年、女王は彼女に取り入った大臣に政治を任せて享楽の日々を過ごし、民は疲弊している。かんしゃく持ちで自分勝手な“馬鹿王子”は、女王の寵愛をいいことに気に入らないものは人だろうと動物だろうと、ことごとく首をはねていた。しかし唯一、彼に意見できる王子専門の世話係の女がいて……。

出演者には王子を演じる井上、世話係を演じる伊藤沙莉、女王を演じる若村麻由美のほか、高橋努入山法子太田緑ロランス石田佳央和田琢磨が名を連ねた。井上は「蓬莱さんが今、何を面白いと思っているのか、とても興味があります。現在の世の中だからこそ、演劇だからこそできることがあると信じて、その世界に全身で飛び込みたいです」とコメント。蓬莱の作品に出演することが目標だったと言う伊藤は「こういうタイミングで蓬莱さんから生まれる作品に携われることを嬉しく有り難く思いました。精一杯頑張ります。届けます」と意気込みを述べる。

さらに蓬莱も「『面白い』とは何か、井上芳雄くん、伊藤沙莉さんを中心に悩んでいこうと思います。子供が観ても面白い大人の寓話。幅の広いキャスティングなので、僕もやったことのないことに挑戦してみたいと思っています」とメッセージを送った。

なお本作は7月に大阪・サンケイホールブリーゼ、広島・JMSアステールプラザ 大ホール、福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールでも上演される。東京公演のチケットの一般前売りは5月8日にスタート。

井上芳雄コメント

パルコ劇場で蓬莱さんと一緒にやらせてもらうのも、もう4回目になります。毎回見事に異なる、でもそれぞれ強いイメージが残る作品でした。今回もまた新たな座組みで、新しい作品にチャレンジできて幸せです。

蓬莱さんが今、何を面白いと思っているのか、とても興味があります。現在の世の中だからこそ、演劇だからこそできることがあると信じて、その世界に全身で飛び込みたいです。

伊藤沙莉コメント

いつか出演させて頂きたいとずっと思って、目標の一つにしていた蓬莱さんの作品への出演が、やっと叶う喜びと共に一気に緊張感が高まっています。しかし、こういうタイミングで蓬莱さんから生まれる作品に携われることを嬉しく有り難く思いました。

精一杯頑張ります。届けます。

宜しくお願い致します。

蓬莱竜太コメント

劇場に足を運ぶ、そんな行動すら以前より能動的なエネルギーが必要な時代になりました。だからこそシンプルに、観てよかった、足を運んでよかったと思ってもらえる作品を創りたい。「面白い」とは何か、井上芳雄くん、伊藤沙莉さんを中心に悩んでいこうと思います。子供が観ても面白い大人の寓話。幅の広いキャスティングなので、僕もやったことのないことに挑戦してみたいと思っています。今必要なのは「リアル」より「ファンタジー」なのかなと。

どうなることやら楽しみに来てください。

パルコ・プロデュース「首切り王子と愚かな女」

2021年6月15日(火)~7月4日(日)
東京都 PARCO劇場

2021年7月10日(土)・11日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2021年7月13日(火)
広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

2021年7月16日(金)・17日(土)
福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

作・演出:蓬莱竜太
出演:井上芳雄伊藤沙莉 / 高橋努入山法子太田緑ロランス石田佳央和田琢磨 / 若村麻由美 ほか

※蓬莱竜太の「蓬」は一点しんにょうが正式表記。

全文を表示

関連記事

井上芳雄のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 井上芳雄 / 伊藤沙莉 / 高橋努 / 入山法子 / 太田緑ロランス / 石田佳央 / 和田琢磨 / 若村麻由美 / 蓬莱竜太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします