北九州芸術劇場が新ビジュアルを公開、劇場は“いつもここに”

201

福岡・北九州芸術劇場が、10月1日に劇場の新しいイメージビジュアルを発表した。

北九州芸術劇場の新イメージビジュアル(デザイン:岡崎友則)

北九州芸術劇場の新イメージビジュアル(デザイン:岡崎友則)

大きなサイズで見る

これは「これまでも、これからも。劇場はいつも皆さんと共に、このまちと共に在り続けたい」という願いを込めて制作された新ビジュアル。デザインを北九州在住のグラフィックデザイナー / アートディレクター・岡崎友則が手がけた。劇場から採取したさまざまなパーツを、北九州の街の中にちりばめた電子回路のようなデザインが採用されており、「いつもここに」というキーワードが添えられている。また劇場の公式サイトでは、同ビジュアルを使用したパソコン版およびスマートフォン版の壁紙をダウンロードすることが可能だ。

なお10月9・10日には、北九州芸術劇場にとって約7カ月ぶりとなる劇場主催公演・ケムリ研究室 no.1「ベイジルタウンの女神」が中劇場で上演される。

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします