ハロルド・ピンター「背信」を2チームで立ち上げる、井上裕朗「美しさ堪能して」

532

PLAY/GROUND Creation「BETRAYAL 背信」が、9月25日に東京・赤坂RED/THEATERで開幕した。

PLAY/GROUND Creation「BETRAYAL 背信」side-Aの公演より。(撮影:保坂萌)

PLAY/GROUND Creation「BETRAYAL 背信」side-Aの公演より。(撮影:保坂萌)

大きなサイズで見る(全31件)

PLAY/GROUND Creation「BETRAYAL 背信」side-Bの公演より。(撮影:保坂萌)

PLAY/GROUND Creation「BETRAYAL 背信」side-Bの公演より。(撮影:保坂萌)[拡大]

PLAY/GROUND Creationは、井上裕朗が中心となって運営している企画・創作ユニット。今回の公演では、ハロルド・ピンター作「背信」を井上の演出により立ち上げる。本作は“side-A”と“side-B”の2チーム制で上演され、Aチームには壮一帆池田努、小野健太郎、山下雷舞、Bチームには中丸シオン青柳尊哉鍛治本大樹、山下がキャスティングされた。

ジェリーは、親友ロバートの妻であるエマと7年にわたり不倫関係にあった。その関係が破綻してから2年、ジェリーとエマは再会を果たす。そこでエマはジェリーに、ロバートと別れるつもりであること、2人の関係がロバートに知られてしまったことを告げ……。

開幕に際し、井上は「長年愛してきたこの作品を、素晴らしいキャスト・素晴らしいスタッフとともに立ち上げることができました。シンプルで美しいピンターの戯曲の魅力を損なわないよう、奇をてらわずシンプルに作りました。戯曲の美しさ、俳優の美しさ、そして必死に生きる登場人物たちの美しさを堪能して頂けましたら幸いです」とコメントした。公演は10月1日まで。

この記事の画像(全31件)

PLAY/GROUND Creation「BETRAYAL 背信」

2020年9月25日(金)~10月1日(木)
東京都 赤坂RED/THEATER

作:ハロルド・ピンター
翻訳・演出:井上裕朗

キャスト

side-A

エマ:壮一帆
ジェリー:池田努
ロバート:小野健太郎
ウェイター:山下雷舞

side-B

エマ:中丸シオン
ジェリー:青柳尊哉
ロバート:鍛治本大樹
ウェイター:山下雷舞

全文を表示

関連記事

井上裕朗のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 井上裕朗 / 壮一帆 / 池田努 / 中丸シオン / 青柳尊哉 / 鍛治本大樹 / ハロルド・ピンター の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします