三島由紀夫没後50周年企画の「班女」に橋本愛、麻実れい・中村蒼と共演

276

三島由紀夫没後50周年企画「MISHIMA2020」で上演される「『班女』近代能楽集より」に、橋本愛が出演する。

「『班女』近代能楽集より」出演者。左から麻実れい、橋本愛、中村蒼。

「『班女』近代能楽集より」出演者。左から麻実れい、橋本愛、中村蒼。

大きなサイズで見る(全5件)

三島由紀夫没後50周年企画「MISHIMA2020」メインビジュアル

三島由紀夫没後50周年企画「MISHIMA2020」メインビジュアル[拡大]

9月21・22日と26・27日に東京・日生劇場で行われる「MISHIMA2020」は、4人のクリエイターがそれぞれの視点で三島作品をオムニバス形式で上演する企画。26・27日に上演される「『班女』近代能楽集より」では、熊林弘高が演出を担当し、橋本は男を思うあまり狂女と化してしまう花子役を演じる。なお既報の通り同作には、麻実れい中村蒼も出演する。

「橋づくし」出演者。左から伊原六花、井桁弘恵、野口かおる、高橋努。

「橋づくし」出演者。左から伊原六花、井桁弘恵、野口かおる、高橋努。[拡大]

「『憂国』(『(死なない)憂国』)」出演者
。左から東出昌大、菅原小春。

「『憂国』(『(死なない)憂国』)」出演者 。左から東出昌大、菅原小春。[拡大]

「『真夏の死』(『summer remind』)」出演者。左から中村ゆり、平原テツ。

「『真夏の死』(『summer remind』)」出演者。左から中村ゆり、平原テツ。[拡大]

「MISHIMA2020」ではこのほか、9月21・22日に野上絹代作・演出の「橋づくし」と長久允作・演出の「『憂国』(『(死なない)憂国』)」が上演され、「橋づくし」に伊原六花井桁弘恵野口かおる高橋努、「『憂国』(『(死なない)憂国』)」に東出昌大菅原小春が出演。また26・27日には加藤拓也作・演出による「『真夏の死』(『summer remind』)」も披露され、こちらには中村ゆり平原テツがキャスティングされた。

チケットは9月13日発売。なお本公演の制作過程を映画監督・関根光才が追ったドキュメンタリー映画が来年公開される。

この記事の画像(全5件)

三島由紀夫没後50周年企画「MISHIMA2020」

2020年9月21日(月・祝)・22日(火・祝)、26日(土)・27日(日)
東京都 日生劇場

「橋づくし」

作・演出:野上絹代
出演:伊原六花井桁弘恵野口かおる / 高橋努

「『憂国』(『(死なない)憂国』)」

作・演出:長久允
出演:東出昌大菅原小春

「『真夏の死』(『summer remind』)」

作・演出:加藤拓也
出演:中村ゆり平原テツ

「『班女』近代能楽集より」

演出:熊林弘高
出演:麻実れい橋本愛中村蒼 ほか

全文を表示

関連記事

橋本愛のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 橋本愛 / 野上絹代 / 長久允 / 加藤拓也 / 熊林弘高 / 伊原六花 / 井桁弘恵 / 野口かおる / 高橋努 / 東出昌大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします