NTLive2020後半ラインナップ3本が発表、ジェームズ・マカヴォイ主演「シラノ」など

83

「ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)」の2020年後半ラインナップが発表された。

「シラノ・ド・ベルジュラック」ビジュアル

「シラノ・ド・ベルジュラック」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「プレゼント・ラフター」ビジュアル

「プレゼント・ラフター」ビジュアル[拡大]

「ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)」は、イギリスのナショナル・シアターが厳選した良作の舞台を映画館で楽しめるシリーズ。その2020年下半期に公開される3本が、このたび明らかになった。ラインナップされたのは、アンドリュー・スコット主演の「プレゼント・ラフター」、ジェームズ・マカヴォイ主演の「シラノ・ド・ベルジュラック」、リンゼイ・ダンカンアレックス・ジェニングスが主演の「ハンサード」だ。

「ハンサード」ビジュアル

「ハンサード」ビジュアル[拡大]

「プレゼント・ラフター」は、1942年に初演されたノエル・カワード作のコメディ。スコットは、マシュー・ウォーチャス演出のもと、海外ツアー出発前にさまざまな人物の来訪を受け、生活がめちゃくちゃになるスター俳優ギャリーを演じる。エドモン・ロスタン作の「シラノ・ド・ベルジュラック」では、マカヴォイが大きな鼻を持ち、自らを醜いと思い込む剣豪詩人シラノに扮する。本作はマーティン・クリンプが脚色し、マカヴォイと何度もタッグを組んできたジェイミー・ロイドが演出した。「ハンサード」は、サイモン・ウッズによる処女戯曲で、サッチャー政権下にあるイギリスの政治家とその妻の“結婚の危機”が描かれる。ダンカンとジェニングスが夫婦役で共演し、ウィットに富んだセリフの応酬で魅せる作品だ。なお、2019年に岡田将生主演の「ハムレット」を手がけたサイモン・ゴッドウィンが演出を手がけている。

「プレゼント・ラフター」は、10月9日から、「シラノ・ド・ベルジュラック」は12月4日から、「ハンサード」は来年1月15日から東京・TOHOシネマズ 日本橋、東京のシネ・リーブル池袋、神奈川・TOHOシネマズ 川崎、大阪・大阪ステーションシティシネマ、愛知・TOHOシネマズ 赤池、福岡・中洲大洋劇場で上映予定。

この記事の画像(全4件)

ナショナル・シアター・ライブ 2020

東京都 TOHOシネマズ 日本橋
東京都 シネ・リーブル 池袋
神奈川県 TOHOシネマズ 川崎
大阪府 大阪ステーションシティシネマ
愛知県 TOHOシネマズ 赤池
福岡県 中洲大洋映画劇場

「プレゼント・ラフター」

作:ノエル・カワード
演出:マシュー・ウォーチャス
出演:アンドリュー・スコット ほか

「シラノ・ド・ベルジュラック」

作:エドモン・ロスタン
脚色:マーティン・クリンプ
演出:ジェイミー・ロイド
出演:ジェームズ・マカヴォイ ほか

「ハンサード」

作:サイモン・ウッズ
演出:サイモン・ゴッドウィン
出演:リンゼイ・ダンカンアレックス・ジェニングス ほか

全文を表示

関連記事

アンドリュー・スコットのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 アンドリュー・スコット / ジェームズ・マカヴォイ / リンゼイ・ダンカン / アレックス・ジェニングス / ノエル・カワード / マシュー・ウォーチャス / サイモン・ウッズ / 《ナショナル・シアター・ライブ2020『プレゼント・ラフター』》 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします