和風伝奇アドベンチャーゲーム「剣が君」浅井さやか演出で舞台化

1771

舞台「剣が君-残桜の舞-」が、7月8日から12日まで東京・シアター1010で上演される。

舞台「剣が君-残桜の舞-」キービジュアル

舞台「剣が君-残桜の舞-」キービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「剣が君」は、Rejetから発売された女性向け“和風伝奇アドベンチャーゲーム”。時は江戸時代。鬼丸国綱、童子切、大典太、三日月宗近、数珠丸からなる天下五剣をかけて、各地で剣取り御前試合が行われていた。そんなある日、江戸に暮らす料理茶屋の娘・香夜は、顔が瓜二つという理由で姫の代わりに花嫁行列に参加することになり……。

舞台版の脚本・演出を手がけるのは、ミュージカル「ふしぎ遊戯」、ミュージカル「しゃばけ」などの演出で知られる浅井さやか。チケットの先行抽選販売は本日4月2日から15日23:59まで受け付けられる。

この記事の画像(全2件)

舞台「剣が君-残桜の舞-」

2020年7月8日(水)~12日(日)
東京都 シアター1010

脚本・演出:浅井さやか

浅井さやかのほかの記事

リンク

(c)2013-2015 Rejet (c)amipro