コロナ危機で文化・芸術はどうなるのか?東京ゲーテ主催のライブ配信に平田オリザら

346

トークプログラム「#STUDIO202X」の第1回「危機の時代における文化政策」が、明日4月1日20:00からゲーテ・インスティトゥート東京のTwitterとFacebookでライブ配信される。

「#STUDIO202X」ロゴ

「#STUDIO202X」ロゴ

大きなサイズで見る(全4件)

ゲーテ・インスティトゥート東京が主催する本プログラムでは、“新型コロナウイルスの危機が文化・芸術に及ぼす影響”をテーマに、ナビゲーターの津田大介が各界のアーティストや哲学・社会学・心理学・法学などの専門家を招き、今後の社会的変化のシナリオについて議論を交わす。

平田オリザ

平田オリザ

第1回は「危機の時代における文化政策」をタイトルに掲げ、青年団の平田オリザ、芸術・文化法や著作権法を専門とする弁護士・福井健策がゲストとして登場。当日は、ベルリン市長 / ベルリン州政府文化担当参事であるクラウス・レーデラーの事前インタビューも紹介され、日本とドイツ、それぞれの文化政策にまつわるトークが約2時間繰り広げられる。また配信中、視聴者の質問にゲストが答える時間も設けられている。

「#STUDIO202X」では今後、「集団ヒステリーの心理」「島国としての日本(国民国家)」「スローライフ」をテーマとした配信が行われる予定だ。

この記事の画像(全4件)

「#STUDIO202X」

ナビゲーター:津田大介

第1回「危機の時代における文化政策」

2020年4月1日(水)20:00~22:00

ゲスト:平田オリザ、福井健策

平田オリザのほかの記事

リンク