ワハハ本舗が三谷幸喜作品の“贋作”を披露、ゴールデン街劇場で幕開け

84

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」が、昨日2月21日に東京・新宿ゴールデン街劇場で幕を開けた。

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」より。

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」より。

大きなサイズで見る(全7件)

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」より。

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」より。[拡大]

これは、三谷幸喜作品の“パロディ”を上演する公演。開幕に際して、監修を務める喰始は「『どんな作品も、完全なオリジナルという物はない。何かしら、誰かしらの影響を受けている』とは、三谷幸喜さん自身も言っている。『贋作・三谷幸喜の時間』とあるけれど、本人からお許しを頂いて、なんと言葉(ナレーション)まで貰っている。真贋の程を確かめに来て欲しい」とコメントした。

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」より。

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」より。[拡大]

なお今公演では、3月1日まで「ラジオの時間ですよ」「12人の優しくないインド人」「素敵な金だらい」「記憶にございます」「『ギャラクシー街道の逆襲』の逆襲」を上演し、17日から22日にかけては、上記作品から観客投票で選ばれた1本と新作を披露する。

この記事の画像(全7件)

大江戸ワハハ本舗・娯楽座本公演「贋作・三谷幸喜の時間」

2020年2月21日(金)~3月1日(日)、3月17日(火)~22日(日)
東京都 新宿ゴールデン街劇場

監修:喰始
脚本:娯楽座文芸部
出演:雨宮あさひ、コースケ☆原澄人、村本准也、噛家坊、哀原友則、星川桂、矢原加奈子、犬吠埼にゃん、鈴木千琴、石原奈津美、仲村唯可、吉川元祥、三宅潤 ほか

全文を表示

関連記事

大江戸ワハハ本舗・娯楽座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 大江戸ワハハ本舗・娯楽座 / 喰始 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします