ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

荘園でゲームが始まる…「Identity V STAGE」開幕、Blu-ray化も決定

1442

「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」出演者

「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」出演者

「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」が、11月29日に東京・サンシャイン劇場で開幕した。

本作は、非対称対戦型マルチプレイゲーム「IdentityV 第五人格」の舞台化作品。舞台版では、脚本原案を山田一朗、脚本をおぼんろの末原拓馬、演出を伊藤秀隆が担当し、“サバイバー公演”と“ハンター公演”、そして特別衣装で行われる“特別公演”の3パターンを実施する。出演者には既報の通り、納棺師(イソップ・カール)役の平井雄基、写真家(ジョゼフ)役の五十嵐啓輔ほかが名を連ねた。

とある夜、1人の納棺師が荘園の門をくぐった。招待状を手がかりにこの地を訪れたという彼は、この荘園で毎日開催されている“ゲーム”のことを先住者たちから知らされる。覚悟も準備もなく巻き込まれることとなった納棺師は、初めてのゲームで冷徹なハンター・写真家ジョゼフと出会い……。

上演時間は約2時間40分で、公演は12月8日まで。なお本公演のBlu-rayは2020年5月29日に発売を予定しているほか、「Identity V STAGE」の“第2幕”は6月に上演される予定だ。

「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」

2019年11月29日(金)~12月8日(日)
東京都 サンシャイン劇場

脚本原案:山田一朗
脚本:末原拓馬
演出:伊藤秀隆

キャスト

サバイバー / 納棺師(イソップ・カール):平井雄基
ハンター / 写真家(ジョゼフ):五十嵐啓輔

サバイバー

幸運児:橘りょう
医師(エミリー・ダイアー):鈴木麻祐理
弁護士(フレディ・ライリー):田中稔彦
泥棒(クリーチャー・ピアソン):石川竜太郎
庭師(エマ・ウッズ):藤白レイミ
傭兵(ナワーブ・サベダー):才川コージ
空軍(マーサ・べハムフィール):山田美貴
機械技師(トレイシー・レズニック):坪井未来
心眼(ヘレナ・アダムス):河上英里子
カウボーイ(カヴィン・アユソ):田中晃平
占い師(イライ・クラーク):千葉瑞己
探鉱者(ノートン・キャンベル):須賀京介

ハンター

リッパー(ジャック):成松慶彦
芸者(美智子):大滝樹
黄衣の王(ハスター):ひのあらた
白無常(謝必安):國島直希
黒無常(笵無咎):縣豪紀
泣き虫(ロビー・ホワイト):渡部大稀
魔トカゲ(ルキノ):モウジーン兼史
ほか

「IdentityV STAGE」第2幕

2020年6月上演予定

(c)identityV_stage (c)2019 NetEaseInc.All Rights Reserved

ステージナタリーをフォロー