ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「この二人芝居はキツ過ぎる」、山路和弘&朴ろ美「さけび」開幕

764

LAL STORY-sp-「さけび」より。

LAL STORY-sp-「さけび」より。

LAL STORY「さけび」が、昨日10月17日に東京・サンモールスタジオで開幕した。

本作は、朴ろ美がプロデュースする舞台制作チーム・LAL STORYのストレートプレイシリーズ第2弾。テネシー・ウィリアムズの「さけび」を、劇団桟敷童子・東憲司の演出で立ち上げる。

作中ではとある劇団の座付き作家兼俳優の兄・フェリースと、看板女優であるその妹・クレアを中心に物語が展開。彼らの劇団はある辺鄙な土地へ旅公演にやって来たが、劇団員たちは「あなたと妹さんは──狂っている!」と署名入りの電報を残し、全員が姿を消してしまった。フェリースは嫌がるクレアを説得し、急遽演目を「二人だけの芝居」に変更して幕を上げるが……。

出演者の山路和弘は開幕に際し「この二人芝居は演者にはキツ過ぎる。ま、冷やかし半分で観にきて下されや」とコメント。共演者の朴は「ホントに何度も『わかんねぇっ!』って挫けそうになりました」と稽古を振り返りつつ、「絶対観に来てください……心と脳を、徹底的に弄ります(笑)」と観客にメッセージを送る。

演出の東は「まず奇っ怪なる舞台美術!」と本作をアピールし、「色々な角度から楽しめ、心地よい狂気を感じられる……是非リピートあれ!」と語った。上演時間は1時間40分。公演は10月27日まで。

山路和弘コメント

ゲネプロで力抜きゃあいいのに、悲しいサガ! やり出したらがんばっちまった。やばい体力が……。初日が終わり楽屋にもどった。汗がハンパない。ほとんど冷や汗。この二人芝居は演者にはキツ過ぎる。ま、冷やかし半分で観にきて下されや。

朴ろ美コメント

ホントに何度も
「わかんねぇっ!」って
挫けそうになりました。

だけど先輩には負けてられない。

そして
美術・衣裳・音・明かり
どれも圧巻、それでいて繊細……
ひとことで言うなら、最高!

足掻いて、もがいて
無事に初日を迎えられて、
この“叫び”をお客様に届けられたということが、本っ当に幸せです!

絶対観に来てください……
心と脳を、徹底的に弄ります(笑)

東憲司コメント

まず奇っ怪なる舞台美術!
テネシーウィリアムズの難解で観念的な芝居! その戯曲に果敢に挑戦した山路和弘氏と朴ろ美氏の二人芝居! その熱意は充分に観客に伝わる筈である。これから回を重ね、どう進化していくか? 色々な角度から楽しめ、心地よい狂気を感じられる……是非リピートあれ!

LAL STORY-sp-「さけび」

2019年10月17日(木)~27日(日)
東京都 サンモールスタジオ

作:テネシー・ウィリアムズ
訳:大森裕二
監訳:長田光展
演出:東憲司
出演:山路和弘朴ろ美

ステージナタリーをフォロー