ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

朗読パンダ、映像を交えたオムニバス朗読劇「Seventh stair」

130

朗読パンダ「Seventh stair」が、明日8月22日から25日まで東京・東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。

朗読パンダは、企画集団MSPが朗読をベースに映像、アニメーションなどを交えて生み出す“朗読エンターテイメント”。主宰を山本陽将、座付き作家を大塩竜也が務めている。

今回は古典落語「牡丹灯籠」を原作とした「新VSR 牡丹灯籠~栗橋宿」、映像を駆使した“生アテレコ”が展開する「さらば、メガロポリス」、アンデルセンの「人魚姫」をモチーフに朗読とダンスでアレンジした「マーメイドの見える丘で」の3本をオムニバス形式で披露。なお本作は一部Wキャストとなっている。

朗読パンダ 第7回公演「Seventh stair」

2019年8月22日(木)~25日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

「新VSR 牡丹灯籠~栗橋宿」

原作:三遊亭圓朝
脚色・演出:大塩竜也

「さらば、メガロポリス」

作・演出:大塩竜也

「マーメイドの見える丘で」

作・演出:山本陽将

ステージナタリーをフォロー