あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」開幕、平安時代から現代までたどる物語

38

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」が、本日7月25日に京都・Theatre E9 Kyotoで開幕する。

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」より。(撮影:井上嘉和)

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」より。(撮影:井上嘉和)

大きなサイズで見る(全7件)

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」より。(撮影:井上嘉和)

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」より。(撮影:井上嘉和)

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

昨年7月に初演された「触覚の宮殿」は、Theatre E9 Kyotoの芸術監督で、劇作家・演出家のあごうさとしが手がけた作品。今公演では、平安時代から現代にかけて、あごうが自身のルーツをたどった“大きな”物語を、身体を用いた“小さな”表現で描き出す。なお本作は、Theatre E9 Kyotoのオープニングプログラムの1つとして上演される。

開幕に際して、あごうは「Theatre E9 Kyotoの一般公開作品としては最初の演目となりますので、大変緊張しています。ですが今できる全身全霊をかけた作品をお届けしたいと思っております。みなさまのご来場お待ちしております」とコメントした。

上演時間は約1時間10分。京都公演は7月29日まで行われ、その後、石川・金沢市民芸術村 パフォーミングスクエアで8月3・4日に上演される。

この記事の画像(全7件)

あごうさとし「-音楽舞台劇- 触覚の宮殿」

2019年7月25日(木)~29日(月)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

2019年8月3日(土)・4日(日)
石川県 金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア

作・演出:あごうさとし
出演:太田宏、辻本佳、松本杏菜

全文を表示

関連記事

あごうさとしのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 あごうさとし / 太田宏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします