舞台は夜の新宿、喫煙所に集う若者描く「マトモなオトナでした」

72

劇団KEYBOARD「マトモなオトナでした」が、9月20日から23日まで東京・小劇場楽園で上演される。

劇団KEYBOARD 第13回公演「マトモなオトナでした」チラシ表

劇団KEYBOARD 第13回公演「マトモなオトナでした」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

2008年に結成されたKEYBOARDは、“まっすぐ、時々、ひねくれる”をテーマに活動している劇団。第13回公演となる今回は、新宿の夜の喫煙所を舞台に、街で働く若者たちを描く。作・演出は劇団メンバーの小山希美が手がける。

この記事の画像(全2件)

劇団KEYBOARD 第13回公演「マトモなオトナでした」

2018年9月20日(木)~23日(日・祝)
東京都 小劇場楽園

作・演出:小山希美
出演:大沢宗也、山下華蓮、高山実音歌 / 瀬田俊介、陽向あさり、鈴木美和、杉本等、佐藤有朔、宮田将英、有川拓也、近藤泰代

全文を表示

劇団KEYBOARDのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団KEYBOARD の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします