ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「雲のむこう、約束の場所」辰巳雄大ら衣装で会見「自分との約束を果たせているか」

652

舞台「雲のむこう、約束の場所」制作発表より。左から湖月わたる、高田翔(ジャニーズJr.)、伊藤萌々香(フェアリーズ)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、浅野温子、松澤一之。

舞台「雲のむこう、約束の場所」制作発表より。左から湖月わたる、高田翔(ジャニーズJr.)、伊藤萌々香(フェアリーズ)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、浅野温子、松澤一之。

舞台「雲のむこう、約束の場所」の制作記者発表が本日4月6日に東京都内で行われた。

舞台「雲のむこう、約束の場所」は、新海誠の同名映画を原作に、モトイキシゲキが上演台本、内藤裕子が演出を手がける作品。とある約束で結ばれた3人の男女の葛藤と、舞台版オリジナルの物語として、分断された2つの国に暮らす大人たちの背景が描かれる。

会見には、主人公・藤沢浩紀役の辰巳雄大ふぉ~ゆ~)、浩紀のクラスメイト・白川拓也役の高田翔(ジャニーズJr.)、ヒロイン・沢渡佐由理役の伊藤萌々香フェアリーズ)が衣装で登場。さらに共演者である松澤一之湖月わたる浅野温子が出席した。

辰巳は、「個人的には会場の国際フォーラムが、18年前、中学校2年生のときに初めてお芝居をやらせていただいた場所なので、そのとき『この先お芝居がんばっていくぞ』と思った自分との約束を果たせているのか、やってやるぞという心意気で、今この作品に臨んでおります」と目を輝かせる。

さらに「藤沢浩紀はとにかく何事にも一途なところがあります。自分もそういうスイッチ入ると周りが見えなくなってしまう熱い部分があるので、自分の経験を大切に生かしながら、彼の人生を背負って舞台に立っていきたいと思います」と意気込んだ。

高田は「先輩がすごい素晴らしいスピーチをしたあとで緊張するんですけど」と恐縮しながら、物理学に才がある自身の役どころについて「演じるにあたって物理学というものをWikipediaで調べたんですけど、自分にはまだ理解できない部分があるので、これからもっと勉強していかなきゃなって思ってます」と話し、会場の笑いを誘う。浅野が「最後まで無理だと思う(笑)」とツッコむと、「そうなんですよ。教科書とかもらったんですけど、あまり理解できない部分が……えーとなんでしたっけ、意気込みか」と独特のテンポで続け会場をさらなる笑いで包み、「国際フォーラムという大きな舞台で、チーム一丸となってやっていけたらなと思います」と締めくくった。

新海誠作品の大ファンだと明かした伊藤は、「私は新海さんの作品が好きなので、この作品に関われてとてもうれしいです。沢渡佐由理はこの物語のキーパーソンで、学校にいたら皆の中心でキラキラしてる可愛らしい子だと思っているので、少しでも彼女に近づけるようにがんばりたいなと思っています」と目標を掲げる。さらに「私は辰巳さんがデビューした年に生まれたので11歳くらい違うんですけど、その距離を感じさせないような演技ができたいいなと思います」といたずらっぽく辰巳に視線を送った。

映画版の富澤常夫から性別を変え、今回の舞台版に女性として登場する所長の富澤常子を演じる湖月は、作中で松澤演じる憧れの先輩・岡部智之と再会し恋の炎を燃やす。「ずっとドラマを観て憧れていた浅野温子さんと2人きりのシーンがありまして、昨日初めて立ち稽古をさせていただいたんですけど、まだ夢見てるみたい。本当に光栄です」と稽古を振り返りつつ、「大人3人のドロドロしたドラマの最終章となるシーンなので、お客様の印象に残る場面になればいいな」と笑顔で語った。

湖月演じる富澤と、浅野演じる妻の芳江に挟まれる松澤は、「妻と後輩にうれしく愛される役柄でございまして、普段こういう経験はございませんので、羽が生えたように“雲のむこう”に飛んでいきそうになるんですが(笑)、役柄的にはしっかりとした大木になりたいと思って練習に励んでおります」とコメント。浅野は「若者たちのキラキラしたムードとは違うドロドロしたものを、私たち大人が熱くやらせていただきたいなと思ってます。こっちの若者キラキラ組は、キラキラキラキラやってるんですけど、アダルトな大人組もドロドロと、キラキラに負けません(笑)」と辰巳、高田、伊藤の3人に発破をかけた。

最後に辰巳が「新海さんの魅力の1つは、シーンがテンポよく移り変わって展開していくところかと思っているんですけど、舞台で再現するには難しい部分だなと思っています」と切り出し、「映像の中には時代を象徴するものが散りばめられていたり、ヒントが隠されていたりするんですけど、それを舞台にしようとしたときに説明が必要になるんですね。そういった部分で今回は、舞台オリジナルキャラクターのお二人が出るということで、映像で描かれている3人の青春にプラスして、その時代に作品の中で何が起こっていたのかをより深く掘り下げていけるのではないかと思います。映像を観てない方にも観ていただきたいですし、舞台を観た方は、その後にもう一度映像を観ていただいたら、理解が変わるんじゃないかという作品になってます」と語り、来場を呼びかけた。

公演は4月20日から24日まで東京・東京国際フォーラム ホールC、5月2日に大阪・NHK大阪ホールにて。チケットは本日4月6日18:00に一般販売を開始する。

舞台「雲のむこう、約束の場所」

2018年4月20日(金)~24日(火)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

2018年5月2日(水)
大阪府 NHK大阪ホール

原作:新海誠雲のむこう、約束の場所
上演台本:モトイキシゲキ
演出:内藤裕子
音楽:鎌田雅人
出演:辰巳雄大ふぉ~ゆ~) / 高田翔(ジャニーズJr.)、伊藤萌々香フェアリーズ)、松澤一之湖月わたる / 浅野温子 ほか

(c)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

ステージナタリーをフォロー