ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台芸術創造機関SAI「箱男からの思想」安部公房作品から着想

99

舞台芸術創造機関SAI アバンギャルドシアター「箱男からの思想」が、3月22日から26日まで東京・兎亭 B2 アトリエIIIプレイズで上演される。

麻宮チヒロが作・演出を手掛ける本作は、安部公房の小説「箱男」から着想を得た、“現代における前衛演劇”。記憶を失った男・Aは、とある病院に迷い込む。そこで出会った看護婦の女・Fは、私は何でも知っているのだと男に囁く。2人の出会いは、予期できない結末へ向けて突き進み……。

キャストには麻宮に加え、鋤柄拓也、月桂館の鈴木彰紀、左右田歌鈴、吉田瑞樹、少年王者舘の小林夢二が名を連ねている。

麻宮チヒロ コメント

安部公房の小説「箱男」から着想を得、1970年代に同氏が目指した演劇の革新とはいったいどんなものだったのか。それらを現代に表出したら、どのような作品になるのだろうか。といった事をテーマとし、作品造りの骨子としました。前衛性を謳った純然たる演劇として、信頼出来る俳優陣と共に造り上げました。初の本公演での作・演出作品として、今僕が持ち得る全てを是非とも皆様にご覧頂きたく存じます。

舞台芸術創造機関SAI アバンギャルドシアター「箱男からの思想」

2018年3月22日(木)~26日(月)
東京都 兎亭 B2 アトリエ III プレイズ

作・演出・美術:麻宮チヒロ
出演:鋤柄拓也、鈴木彰紀、左右田歌鈴、吉田瑞樹、麻宮チヒロ、小林夢二

ステージナタリーをフォロー