ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

朴ろ美×東憲司「標」開幕、「大量の花吹雪、風車がお待ちしております」

298

劇団桟敷童子「標~shirube~」より。(撮影:長田勇)

劇団桟敷童子「標~shirube~」より。(撮影:長田勇)

劇団桟敷童子「標~shirube~」が、昨日12月12日に開幕した。

演劇集団 円の公演で2度タッグを組んだ東憲司朴ろ美が再び集結する本作は、戦争中の“神宿る海”の言い伝えが残る九州の港町を舞台とした物語。愛する者を戦争に奪われた人々と帰る場所のない兵隊たちとの絆をもとに、人間の尊厳を問う“重喜劇”が描かれる。

上演に際し東は、「桟敷童子の原点源流を遡るお芝居です」と作品を紹介し、「お家芸の美術と大仕掛け、今回もやりました。大量の花吹雪、大量の風車がお待ちしております」と来場を呼びかけている。公演は12月25日まで、東京・すみだパークスタジオ倉にて。

東憲司コメント

「標」始まりました!
桟敷童子の原点源流を遡るお芝居です。旗揚げ公演、処女作から書き続けている九州海域の水人族伝説の物語です。多方面で活躍する朴ろ美さんを迎え、劇世界を繰り広げます! 紅の風車、風習、伝説、おどろおどろしいアングラチックな物語と人間の生きざまを描いています。そしてお家芸の美術と大仕掛け、今回もやりました。大量の花吹雪、大量の風車がお待ちしております。是非ご来場下さいませ。

※(朴ロ美の「ロ」は、王へんに路が正式表記)

劇団桟敷童子「標~shirube~」

2017年12月12日(火)~25日(月)
東京都 すみだパークスタジオ倉

作:サジキドウジ
演出:東憲司
美術:塵芥
出演:朴ろ美(※「ロ」は、王へんに路が正式表記) / 板垣桃子、原口健太郎、稲葉能敬、鈴木めぐみ、外山博美、川原洋子、もりちえ、新井結香、大手忍、深津紀暁、升田茂、内野友満、丹野奏恵、柴田林太郎、三村晃弘 / 石原由宇、平野潤也、山本亘

ステージナタリーをフォロー