ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団レトルト内閣が“ほめ育”とコラボ、メディア王と冴えない若者たちの宝探し

28

劇団レトルト内閣のHo-Me-I-Ku音楽劇「エピメテウスの眼鏡」が1月26日から28日に大阪府・HEP HALLにて上演される。

関西を拠点に、音楽とショー、アートを融合させた作品作りを行っているレトルト内閣。今回は、褒めることで人を育て上げる人材育成メソッド“ほめ育”とコラボレーションし、褒めのノウハウを取り入れた音楽劇を繰り広げる。

世界経済に大きな影響力を持つメディア王のフジハラは、冴えない3人の若者たちを使い、秘宝“エピメテウスの眼鏡”を探し出そうとし……。なお26日15:00、27日19:00、28日17:00開演回の終演後にはアフターイベント「ほめ育講座」も開催される。

劇団レトルト内閣 第27回本公演 / Ho-Me-I-Ku音楽劇「エピメテウスの眼鏡」

2018年1月26日(金)~28日(日)
大阪府 HEP HALL

脚本・演出・音楽:三名刺繍
出演:福田恵、川内信弥、たはらもえ / 向田倫子、若木志帆、川添公二、亀山貴也、鈴木洋平、佐藤都輝子、奥田さぶりな美樹てぃー、古橋定子、佐藤みか、宮本リュウジ、飯嶋松之助、森口稜、今西由夏、酒井未波、伊藤卯咲
演奏:武井努(Sax)、菱沼カンタ(G)、井上歩(B)、原口裕司(Dr)

ステージナタリーをフォロー