ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

無隣館の升味加耀が主宰、果てとチークの「なになにもなになにもない」

77

果てとチーク「グーグス・ダーダ なになにもなになにもない NO nothing nothing nothing」チラシ表

果てとチーク「グーグス・ダーダ なになにもなになにもない NO nothing nothing nothing」チラシ表

果てとチーク「グーグス・ダーダ なになにもなになにもない NO nothing nothing nothing」が5月1・2日に東京・花まる学習会王子小劇場で上演される。

果てとチークは昨年2016年にドイツ・ベルリンで旗揚げされた、こまばアゴラ演劇学校・無隣館に所属する升味加耀が主宰を務める演劇ユニット。「グーグス・ダーダ」は升味がドイツ留学で得た経験をもとにした作品で、近未来のどこかの国「私たちの国」とその隣国が舞台に、マイノリティとマジョリティそれぞれの立場の孤独・不安、当事者と非当事者の関係を描く。

なお5月1日の19:00回にはアマヤドリ広田淳一、2日の13:00回にはジエン社山本健介を迎えてのアフタートークも実施される。

果てとチーク 第2回本公演「グーグス・ダーダ なになにもなになにもない NO nothing nothing nothing」

2017年5月1日(月)、2日(火)
東京都 花まる学習会王子小劇場

作・演出:升味加耀
出演:秋谷悠太、伊佐敷尚子、江花渉、金澤卓哉、川村瑞樹、島田利行、高原久美子、福澤香織、堀紗織、升味加耀

ステージナタリーをフォロー