ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

福田こうへいが新曲「母ちゃんの浜唄」から想を得た芝居で、初の東京座長公演

33

福田こうへいの特別公演が、2月10日から27日まで東京・明治座にて行われる。

第一部では、岩手から東京の乾物屋に集団就職でやってきた、福田演じるこうへいを主人公とする「母ちゃんの浜唄」を上演する。2月8日にリリースされる福田の同名シングルから想を得て構成される本作。演出を堤泰之が手がけ、こうへいの母・はるに角替和枝、彼が恋心を抱く和子に小林綾子、乾物屋の主人・伊佐男に曽我廼家文童が扮する。

第二部は「福田こうへいコンサート2017」。民謡で鍛えた歌声で「南部蝉しぐれ」「峠越え」「北の出世船」などを披露する。なお終演後には対象商品の購入者に向けた握手会が行われる開演回も。詳細は公式サイトを確認しよう。

「福田こうへい特別公演」

2017年2月10日(金)~27日(月)
東京都 明治座

「母ちゃんの浜唄」


原案:さわだすずこ
脚本・演出:堤泰之

「福田こうへいコンサート2017」


構成:福田こうへい
演出:宮下康仁

出演:福田こうへい / 角替和枝小林綾子曽我廼家文童西山浩司、遠藤真理子 ほか

ステージナタリーをフォロー