ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中村隼人が初の民放ドラマレギュラー出演、水沢エレナ&トリンドルと三角関係に

97

久野淳志役の中村隼人。

久野淳志役の中村隼人。

7月にTBS系列にて放送スタートするテレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」に、中村隼人が出演する。中村が民放ドラマにレギュラー出演するのはこれが初めて。

本作は、とある企業の広報部で働く未亜(武井咲)と、会社の副社長であり既婚者の海里(滝沢秀明)の禁断の恋愛を軸に、個性豊かな人物たちの恋愛模様を描いた群像劇。中村が演じる久野淳志は海里の後輩にあたり、証券マンにして新進気鋭の小説家という役どころだ。未亜とルームシェアをする編集者のあかり(水沢エレナ)に才能を見出され、絆を深める一方、同じくルームシェア仲間で恋に奔放なモデル・千明(トリンドル玲奈)とも次第に特別な関係になっていく。中村は「物語は女性がきゅんとするようなシーンが多いので、拙いながらも全力でぶつかり、しっかりと久野という役を掘り下げて演じられたらと思っています」と意気込みを語った。

「せいせいするほど、愛してる」は、北川みゆき原作による同名マンガが原作。2006年から2008年までプチコミック(小学館)にて連載され、単行本は全7巻が刊行されている。

中村隼人コメント

久野はミステリアスな部分もあり、愛嬌たっぷりな部分もあり、とても魅力的な人物。また、物語は女性がきゅんとするようなシーンが多いので、拙いながらも全力でぶつかり、しっかりと久野という役を掘り下げて演じられたらと思っています。禁断の恋がテーマではありますが、純粋で、ひたむきな感情が描かれています。是非ご覧下さい。

ステージナタリーをフォロー