コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「せいせいするほど、愛してる」TVドラマに!武井咲×滝沢秀明の禁断の恋描く

783

北川みゆき「せいせいするほど、愛してる」のテレビドラマ化が決定。主人公の栗原未亜役は武井咲が、恋のお相手となる三好海里役は滝沢秀明が演じる。

「せいせいするほど、愛してる」は、とある企業の広報部で働く未亜が主人公。会社の副社長であり既婚者の海里に出会い、次第に彼に惹かれていく。2人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様が描かれる。同作は2006年から2008年までプチコミック(小学館)にて連載され、単行本は全7巻が刊行されている。

ドラマには海里の最大の恋敵・宮沢綾役として中村蒼が登場。また未亜のルームシェア仲間であり、恋愛に奥手な真咲あかり役を水沢エレナ、同じくルームシェア仲間で恋に奔放な美山千明役をトリンドル玲奈が演じる。そのほか未亜の元カレ・山下陽太役には高橋光臣がキャスティングされた。放送は7月より、TBSの火曜ドラマ枠にてスタート。

北川みゆきコメント

お話をいただいたときはびっくりしすぎて、しばらくはドッキリかもしれないと思っていました。武井さん、滝沢さんをはじめ、沢山のキャスト・スタッフの皆さまの手で描かれることを、私も一視聴者として楽しみにしています。応援してくださっているファンの皆さま、ドラマ化に携わってくださるすべての皆さまに感謝します。

武井咲コメント

私が演じる未亜という女の子は本当に純粋で、恋にも仕事にも真っ直ぐ。理想的な女の子だなと思うと同時に、いろいろなことに対して必死にもがいており、同じ20代の女性として共感しながら演じています。今まではいわゆる「ラブコメ」のような作品が多く、今回のような大人のラブストーリーというのはあまり経験がなかったので、楽しみです。ですがその反面、私にできるのだろうかと不安な気持ちもあります。まだまだ手探りの状況ですが、未亜の純粋な想いや、働く女性の輝きなども表現していければと思います。

滝沢秀明コメント

非常に複雑で、障害のある恋愛を描いたドラマですが、それ以上に未亜と海里のピュアな思いに惹かれました。特に、僕の演じる海里は副社長という立場ながら、仕事にも未亜にもまっすぐぶつかっていく男性。その姿勢が、男の僕から見てもカッコ良く憧れます。仕事にも恋愛にもひたむきな大人の男女を描いているので、女性だけでなく男性にも、楽しんで見て頂ければ幸いです。

コミックナタリーをフォロー