ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ナシコが自分だけの筋書きを求める物語、ラッパ屋新作「筋書ナシコ」

15

ラッパ屋が1年ぶりの新作公演「筋書ナシコ」を、6月18日から26日まで、東京・紀伊國屋ホールで上演する。

主宰で脚本・演出の鈴木聡は、「『筋書ナシコ』はご存知の通り(さっき僕が決めたのだが)、『この先の筋書きが見えない、或いは決まっていない状態および人物』を指す言葉である」とし、高度成長期やバブルのころのように「世の中全体がハッピーエンドに向かう筋書きを持っていた」時代と現在は違うとコメント。さらに「いま世界は筋書ナシコなのだ、という芝居を書いてもよいのだが収拾がつきそうもないので、できそうな範囲でやる」と言い、新作ではさまざまな人たちが集まるパーティーの夜に、筋書ナシコが周囲に翻弄されながらも、自分だけの筋書きを探し求める物語を描く。

本作にはラッパ屋メンバーのほか、2015年に上演された「ポンコツ大学探検部」にも出演したカムカムミニキーナの松村武や、演劇集団 円の谷川清美らが出演。7月17日には、福岡・北九州芸術劇場 中劇場でも上演される。

ラッパ屋「筋書ナシコ」

2016年6月18日(土)~26日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

2016年7月17日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

脚本・演出:鈴木聡
出演:岩橋道子、ともさと衣木村靖司俵木藤汰 / 松村武谷川清美 / 岩本淳浦川拓海青野竜平林大樹 / 福本伸一弘中麻紀 / 大草理乙子、宇納佑熊川隆一武藤直樹  

ステージナタリーをフォロー