ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「おやすみジャック・ザ・リッパー」に執事歌劇団の葵出演、ビジュアルも

119

「おやすみジャック・ザ・リッパー」のビジュアルと新キャスト情報が、本日2月27日発売のマンガ誌・ARIA4月号にて公開された。

ビジュアルに登場したのは、高崎翔太演じるエドワード、井深克彦演じるジャック、伊藤マサミ演じるウルフの3人。また死神のグリム・リーパー役を、執事喫茶Swallowtailのメンバーによる執事歌劇団の座長・葵が演じることが発表された。

「おやすみジャック・ザ・リッパー」は、二宮愛・名尾生博による同名マンガが原作。地獄に落ちてしまったエドワードを軸に繰り広げられるファンタジーだ。舞台版は4月20日から24日まで、東京・博品館劇場にて上演される。

舞台「おやすみジャック・ザ・リッパー」

2016年4月20日(水)~24日(日)
東京都 博品館劇場

スタッフ

脚本:二宮愛
上演台本・演出:ヨリコジュン

キャスト

エドワード:高崎翔太
ジャック:井深克彦
ウルフ:伊藤マサミ
K・A:松岡侑李(いかさん)
グリム・リーパー:葵(執事歌劇団)

ステージナタリーをフォロー