MAN WITH A MISSION、ファンと“再起”誓ったZepp Tokyoライブ2DAYS

1407

MAN WITH A MISSIONが8月24、25日に東京・Zepp Tokyoでライブ「MAN WITH A "REBOOT LIVE & STREAMING" MISSION」を開催した。

MAN WITH A MISSION「MAN WITH A "REBOOT LIVE & STREAMING" MISSION」より。(撮影:酒井ダイスケ)

MAN WITH A MISSION「MAN WITH A "REBOOT LIVE & STREAMING" MISSION」より。(撮影:酒井ダイスケ)

大きなサイズで見る(全10件)

MAN WITH A MISSION「MAN WITH A "REBOOT LIVE & STREAMING" MISSION」より。(撮影:酒井ダイスケ)

MAN WITH A MISSION「MAN WITH A "REBOOT LIVE & STREAMING" MISSION」より。(撮影:酒井ダイスケ)[拡大]

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ライブには収容人数の15%以下である300名のファンが入場。会場ではこの日のために用意されたオオカミ柄のオリジナルマスクが配布された。ライブは7月リリースされたベストアルバム「MAN WITH A "BEST" MISSION」の1曲目「Change the World」でスタート。結成10周年プロジェクトとして予定されていた野外ワンマンライブや初のファンクラブツアーが新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となってしまったが、Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)は開口一番「ナントカデスネ、一歩デモ前ニ進ンデ皆様ニライブヲオ届ケシヨウトヤッテ参リマシタ!」と話す。会場を訪れたファンは声援の代わりに拍手をしたり拳を振り上げたりと、精一杯彼の言葉に応えた。その後もマンウィズは4月にリリースされたB面曲&カバー曲アルバム「MAN WITH A "B-SIDES & COVERS" MISSION」に収められている10-FEET「super stomper」や和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」など、これまでライブで披露したことがない楽曲も含めてパフォーマンス。このライブに参加できなかったファンのために、事前に募った声援や応援動画が当日の演出の一部として使用され、まさにライブタイトル通りファンと“再起”を誓う公演となった。またライブ終盤には今年10月~12月に3カ月連続でデジタルシングルがリリースされることが発表された。

現在、2日間の公演から選りすぐりのセットリストで構成された特別限定ライブが有料配信されている。アーカイブは9月4日23:59まで視聴可能。配信チケットはイープラスで4日18:00まで販売されている。

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

MAN WITH A MISSIONのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 MAN WITH A MISSION の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。