遠藤ミチロウが膵臓がんにより死去

15336

遠藤ミチロウが4月25日に膵臓がんにより死去していたことが、彼のオフィシャルTwitterアカウントで発表された。68歳だった。

遠藤ミチロウ

遠藤ミチロウ

大きなサイズで見る

2018年8月中旬に体調不良により医師の診察を受けた遠藤は、入院および検査が必要な状態であると診断され、その後の検査で膵臓がんであることが判明。同年10月22日に手術を終え、その後は闘病を続けていた。葬儀は本人の意向により、すでに近親者のみで執り行われたとのこと。後日、音楽葬の実施が予定されている。

遠藤はパンクバンド、ザ・スターリンの中心人物として1982年にアルバム「STOP JAP」でメジャーデビュー。1985年にザ・スターリンを解散してからは、ソロ活動のほか、パラノイア・スター、ビデオ・スターリン、スターリン、COMMENT ALLEZ-VOUS?、NOTALIN'S、TOUCH-ME、M.J.Qなど、さまざまなバンドでも活躍した。2011年には大友良英、詩人の和合亮一と共に「プロジェクトFUKUSHIMA!」を発足させ、東日本大震災の影響で発生した福島第一原子力発電所事故により被災した故郷・福島の復興支援に尽力した。

関連記事

遠藤ミチロウのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 遠藤ミチロウ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。