音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

GAUZEやG.I.S.M.ら出演の80年代ジャパコアドキュメント映画、24年ぶり劇場公開

1056

「ちょっとの雨ならがまん」のワンシーン。(c) 2018 P.P.P.project

「ちょっとの雨ならがまん」のワンシーン。(c) 2018 P.P.P.project

安田潤司監督による1983年公開のドキュメンタリー映画「ちょっとの雨ならがまん」、および同監督による1993年の作品「ファー・イースト・ベイビーズ」が、デジタルリマスターと再編集を施して8月18日より東京・新宿K's cinemaなど全国で順次公開されることが決定した。

1970年代後半に東京ロッカーズのムーブメントが起こったのち、より過激な表現を求めた若者たちによりジャパニーズハードコアパンクのシーンが発生。「ちょっとの雨ならがまん」はそんな1980年代ジャパニーズハードコアパンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリーで、“ハードコア四天王”と呼ばれたGAUZE、G.I.S.M.、THE EXECUTE、THE COMESや、INUやFUNAを解散したのち人民オリンピックショウとして活動していた町田町蔵(現・町田康)、「狂い咲きサンダーロード」「爆裂都市 BURST CITY」を続けて発表しインディーズ映画界の寵児となった石井聰亙(現・石井岳龍)、そしてTHE TRASH、CLAY、GASTUNK、サヨコ(ZELDA)、佐藤幸雄(すきすきスウィッチ)、MASAMIといった面々が出演している。

この映画は1984年の初公開後、劇場やライブハウスを中心に上映され、延べ5万人もの観客を動員したが、1994年を最後に上映は終了。その後VHSやDVDなどで発売されることもなかったため、さまざまな憶測が飛び交い「上映不可能」と言われ伝説化していた。今回の再編集版はオリジナルバージョンに未公開シーンを追加したもの。また7月12日に行われる先行上映イベントでは上映後に大根仁とISHIYA(DEATH SIDE、FORWARD)によるトークショーを開催し、この日に限り8月18日からの本公開時とは異なるオリジナルバージョンを上映する。

映画「ファー・イースト・ベイビーズ」は安田監督の長編デビュー作で、東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートといった活動で名を知られていた劇作家で美術家の飴屋法水と、彼の劇団メンバーが集結した作品。G.I.S.M.の横山SAKEVI、頭脳警察のPANTAと石塚俊明など、登場人物全員が本人役で出演している。

音楽ナタリーをフォロー