音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「solitude hotel」は満員御礼!Maison book girl初ワンマン

271

Maison book girlワンマンライブ「solitude hotel 1F」の様子。(写真提供:ekoms)

Maison book girlワンマンライブ「solitude hotel 1F」の様子。(写真提供:ekoms)

11月23日に東京・渋谷WOMBでMaison book girlのワンマンライブ「solitude hotel 1F」が開催された。

この公演は彼女たちにとって初のワンマンライブにあたり、チケットはソールドアウトとなった。会場の照明が暗転するとまずはピアノのSEが流れ、楽曲が「bath room」に変わるとメンバーがゆっくりとステージに登場。変拍子に合わせファンが拍手する中、メンバーはのびやかな歌声を会場に響かせていく。

「bath room」のパフォーマンスが終了すると詩「眠れる森」「シロの夢」の朗読が行われた。プロデューサー・サクライケンタによるVJやメンバーの落ち着いた語り口によって幻想的な雰囲気が会場に漂い、オーディエンスはじっくりと詩の内容に耳を傾けていた。朗読を終えると、メンバーは2つの新曲を連続で披露。抜群のコンビネーションによるダンスでステージを彩った。

ライブ中盤の「film noir」ではファンのテンションが急上昇。さらに「Remove」「最後の様な彼女の曲」と続き、会場の熱気はどんどんと高まっていった。「夢の中へ」披露後のMCでコショージメグミは「チケット売り切れるとはさ……思わなかったんだよー!」とうれしそうに語る。矢川葵が「今日初めてブクガ観たよ、って人は?」と観客に向かって聞くと、ファンが一斉に手を挙げ、和田輪が「むしろ来たことない人は手上げてないんじゃ……」と答えるという一幕も。そのトークの模様や観客の様子を、井上唯はにこやかな表情で見守っていた。

コショージが「もうね、わーーっと!」と発言し、客席から歓声が飛び交ったのち「my cut」がスタート。途中和田が「飛ぶよ!」と口にするとファンもそれにあわせジャンプし、メンバーと観客の一体感が強まっていった。そして「snow irony」では、有志によって配布された白のサイリウムが会場を照らし、美しい景色が広がる。矢川のコールにあわせて歓声もさらに大きくなり、本編はこの日一番の盛り上がりで幕を下ろした。

アンコールでメンバーはグループの旧衣装であるYシャツ姿で再び登場し、詩「water」を朗読する。黙々と朗読が行われる途中では、マイクを通さずにせりふを叫ぶ場面も見られた。その後のMCコーナーでコショージが「楽しかったですか?」「新曲いっぱい練習したんですよ。どうでした?」と語りかけると、観客は拍手や歓声で応える。最後にメンバーは2つの新曲を再度披露し、何度も感謝を述べて初のワンマンを締めくくった。

Maison book girl「solitude hotel 1F」2015年11月23日 渋谷WOMB セットリスト

01. bath room
02. 眠れる森(ポエトリーリーディング)
03. シロの夢(ポエトリーリーディング)
04. 新曲1
05. 新曲2
06. film noir
07. Remove
08. 最後の様な彼女の曲
09. last scene
10. 夢の中へ
11. my cut
12. snow irony
<アンコール>
13. water(ポエトリーリーディング)
14. 新曲2
15. 新曲1

音楽ナタリーをフォロー