Chicago Poodle

Chicago Poodle

シカゴプードル

GIZA STUDIO

花沢耕太(Vo, Piano)、山口教仁(Dr)、辻本健司(B)の3人編成バンド。花沢が作曲、作詞を山口と辻本が手がける制作スタイル。1980年代の洋楽ポップスのエッセンスが感じられる懐かしくも切ないメロディと、リズム隊が織りなす都会的なアンサンブルで注目を集める。2009年3月にデビューシングル「ODYSSEY」、同年11月に1stアルバム「僕旅」をリリース。その後もコンスタントに作品を発表し、2011年11月には活動の集大成となるベストアルバム「HISTORY I」をリリースした。2013年4月に発表したアルバム「3.0」の収録曲「タカラモノ」のヒットを受け、同年8月に両A面シングルとして発売。もう一方の表題曲「君の笑顔がなによりも好きだった」はテレビアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマに採用された。2014年2月、通算7枚目のシングル「シナリオのないライフ」をリリース。4月からは本作を携えた全国ツアー「Chicago Poodle 5th Anniversary TOUR ~シナリオのないライブ~」を開催する。