批評家187名が選んだ映画に「パワー・オブ・ザ・ドッグ」「ドライブ・マイ・カー」

42

3755

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 961 2716
  • 78 シェア

世界中の批評家187名が選んだ2021年のベスト映画およびベストパフォーマンスがIndieWireにて発表された。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(KIRSTY GRIFFIN/COURTESY OF NETFLIX)

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(KIRSTY GRIFFIN/COURTESY OF NETFLIX)

大きなサイズで見る(全4件)

「ドライブ・マイ・カー」 (c)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

「ドライブ・マイ・カー」 (c)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会[拡大]

ベスト映画1位となったのはNetflix映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」。監督のジェーン・カンピオンもベスト監督1位、主演のベネディクト・カンバーバッチもベストパフォーマンス1位に選出された。ベスト映画2位は村上春樹の短編小説を原作とした「ドライブ・マイ・カー」。監督の濱口竜介はベスト監督2位、主演の西島秀俊はベストパフォーマンス9位にランクインしている。また「ドライブ・マイ・カー」はベスト脚本の1位、ベスト国際映画の1位にも選ばれた。

「偶然と想像」日本版ポスタービジュアル (c)2021 NEOPA / Fictive

「偶然と想像」日本版ポスタービジュアル (c)2021 NEOPA / Fictive[拡大]

「MEMORIA メモリア」 (c)Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF/Arte and Piano, 2021.

「MEMORIA メモリア」 (c)Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF/Arte and Piano, 2021.[拡大]

このほか、同じく濱口が監督した「偶然と想像」はベスト脚本とベスト国際映画の6位に。アピチャッポン・ウィーラセタクンの「MEMORIA メモリア」、ウェス・アンダーソンの「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」、女優のレベッカ・ホールが監督を務めたNetflix映画「PASSING -白い黒人-」なども高く評価されている。

すべてのカテゴリーのリストは下記の通り。

世界の批評家が選んだ2021年ベスト映画、ベストパフォーマンス

ベスト映画

  1. 「パワー・オブ・ザ・ドッグ」
  2. 「ドライブ・マイ・カー」
  3. 「Licorice Pizza(原題)」
  4. 「The Worst Person in the World(英題)」
  5. 「MEMORIA メモリア」
  6. 「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」
  7. 「Flee(原題)」
  8. 「Petite maman(原題)」
  9. 「PASSING -白い黒人-」
  10. 「C'mon C'mon(原題)」

ベスト監督

  1. ジェーン・カンピオン「パワー・オブ・ザ・ドッグ」
  2. 濱口竜介「ドライブ・マイ・カー」
  3. アピチャッポン・ウィーラセタクン「MEMORIA メモリア」
  4. ドゥニ・ヴィルヌーヴDUNE/デューン 砂の惑星
  5. ポール・トーマス・アンダーソン「Licorice Pizza」
  6. ウェス・アンダーソン「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」
  7. デヴィッド・ロウリー「The Green Knight(原題)」
  8. スティーヴン・スピルバーグウエスト・サイド・ストーリー
  9. パブロ・ラライン「スペンサー(原題)」
  10. セリーヌ・シアマ「Petite maman」

ベストパフォーマンス

  1. ベネディクト・カンバーバッチ「パワー・オブ・ザ・ドッグ」
  2. クリステン・スチュワート「スペンサー」
  3. レナーテ・レインスヴェ「The Worst Person in the World」
  4. ニコラス・ケイジ「Pig(原題)」
  5. アラナ・ハイム「Licorice Pizza」
  6. オリヴィア・コールマン「ロスト・ドーター」
  7. テッサ・トンプソン「PASSING -白い黒人-」
  8. ピーター・ディンクレイジシラノ
  9. 西島秀俊「ドライブ・マイ・カー」
  10. ウィル・スミスドリームプラン

ベストドキュメンタリー

  1. 「Flee」
  2. サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)
  3. 「プロセッション -救済への行進-」
  4. 「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」
  5. THE RESCUE 奇跡を起こした者たち
  6. ザ・ビートルズ:Get Back
  7. 「Her Socialist Smile(原題)」
  8. 「All Light, Everywhere(原題)」
  9. 「The Sparks Brothers(原題)」
  10. 「Val(原題)」「Attica(原題)」

ベスト撮影

  1. 「パワー・オブ・ザ・ドッグ」
  2. 「DUNE/デューン 砂の惑星」
  3. 「スペンサー」
  4. 「The Green Knight」
  5. 「ウエスト・サイド・ストーリー」
  6. マクベス
  7. 「MEMORIA メモリア」
  8. 「PASSING -白い黒人-」
  9. 「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」
  10. ベルファスト

ベスト脚本

  1. 「ドライブ・マイ・カー」
  2. 「Licorice Pizza」
  3. 「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」
  4. 「パワー・オブ・ザ・ドッグ」
  5. 「A Hero(原題)」
  6. 「偶然と想像」
  7. 「ロスト・ドーター」
  8. 「Pig」
  9. 「The Worst Person in the World」
  10. 「Bergman Island(原題)」

ベスト国際映画

  1. 「ドライブ・マイ・カー」
  2. 「The Worst Person in the World」
  3. 「MEMORIA メモリア」
  4. 「Flee」
  5. 「Titane(原題)」
  6. 「偶然と想像」
  7. アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ
  8. 「見上げた空に何が見える?」
  9. 「Petite maman」
  10. 「A Hero」

ベスト長編デビュー作

  1. 「ロスト・ドーター」
  2. 「PASSING -白い黒人-」
  3. 「Pig」
  4. 「Shiva Baby(原題)」
  5. 「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」
  6. エル プラネタ
  7. 「Test Pattern(原題)」
  8. 「Beginning(原題)」
  9. tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!
  10. 息子の面影

ベストオープニング

  1. 「Benediction(原題)」
  2. 「砂利道」
  3. 「Happening(英題)」
  4. 「We're All Going to the World's Fair(原題)」
  5. 「On the Count of Three(原題)」「In Front of Your Face(英題)」

この記事の画像(全4件)

(情報提供:IndieWire / VM / ゼータ イメージ)

全文を表示

読者の反応

海野螢 @unnohotaru

批評家187名が選んだ映画に「パワー・オブ・ザ・ドッグ」「ドライブ・マイ・カー」 https://t.co/FKAiVkHkdu
『映画 ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』が入ってないやり直し。

コメントを読む(42件)

関連記事

ジェーン・カンピオンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パワー・オブ・ザ・ドッグ / ドライブ・マイ・カー / 偶然と想像 / MEMORIA メモリア / フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 / リコリス・ピザ / カモン カモン / FLEE フリー / DUNE/デューン 砂の惑星 / わたしは最悪。 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。