ゴールデングローブ賞の結果発表、最多候補「パワー・オブ・ザ・ドッグ」が作品賞

153

第79回ゴールデングローブ賞の受賞結果が、日本時間の本日1月10日に発表された。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(KIRSTY GRIFFIN/COURTESY OF NETFLIX)

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(KIRSTY GRIFFIN/COURTESY OF NETFLIX)

大きなサイズで見る(全7件)

「ウエスト・サイド・ストーリー」 (c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

「ウエスト・サイド・ストーリー」 (c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.[拡大]

ドラマ部門では、最多7部門にノミネートされていたベネディクト・カンバーバッチ主演のNetflix映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」が作品賞など3部門で受賞。ジェーン・カンピオンが監督賞、コディ・スミット=マクフィーが助演男優賞に輝いた。同作はNetflixで配信中のほか、各地で上映されている。ミュージカル / コメディ部門では2月11日に日本公開を控えるスティーヴン・スピルバーグ監督作「ウエスト・サイド・ストーリー」が同じく3部門を制し、作品賞をはじめ、レイチェル・ゼグラーが女優賞、アリアナ・デボーズが助演女優賞を受賞した。

「ミラベルと魔法だらけの家」 (c)2021 Disney. All Rights Reserved.

「ミラベルと魔法だらけの家」 (c)2021 Disney. All Rights Reserved.[拡大]

「ドライブ・マイ・カー」 (c)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

「ドライブ・マイ・カー」 (c)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会[拡大]

またドラマ部門ではAmazon Original映画「愛すべき夫妻の秘密」のニコール・キッドマンが女優賞、「ドリームプラン」のウィル・スミスが男優賞に。ミュージカル / コメディ部門の男優賞は「tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!」のアンドリュー・ガーフィールドに授与された。脚本賞には自伝的作品を手がけた「ベルファスト」のケネス・ブラナーが選ばれ、アニメ映画賞はディズニーのオリジナルミュージカル「ミラベルと魔法だらけの家」に贈られた。また非英語映画賞を濱口竜介が監督、西島秀俊が主演を務めた「ドライブ・マイ・カー」が受賞したのは既報の通り

映画部門の受賞結果は以下に記した。

第79回ゴールデングローブ賞 受賞結果(映画部門)

作品賞(ドラマ部門)

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

作品賞(ミュージカル / コメディ部門)

「ウエスト・サイド・ストーリー」

主演女優賞(ドラマ部門)

ニコール・キッドマン「愛すべき夫妻の秘密」

主演男優賞(ドラマ部門)

ウィル・スミス「ドリームプラン」

主演女優賞(ミュージカル / コメディ部門)

レイチェル・ゼグラー「ウエスト・サイド・ストーリー」

主演男優賞(ミュージカル / コメディ部門)

アンドリュー・ガーフィールド「tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!」

助演女優賞

アリアナ・デボーズ「ウエスト・サイド・ストーリー」

助演男優賞

コディ・スミット=マクフィー「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

監督賞

ジェーン・カンピオン「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

脚本賞

ケネス・ブラナー「ベルファスト」

アニメ映画賞

「ミラベルと魔法だらけの家」

非英語映画賞(旧外国語映画賞)

「ドライブ・マイ・カー」(日本)

作曲賞

ハンス・ジマーDUNE/デューン 砂の惑星

主題歌賞

「No Time To Die」(「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」)

この記事の画像(全7件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ジェーン・カンピオンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パワー・オブ・ザ・ドッグ / ウエスト・サイド・ストーリー / ベルファスト / ドリームプラン / ミラベルと魔法だらけの家 / ドライブ・マイ・カー / tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン! / 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ / DUNE/デューン 砂の惑星 / ジェーン・カンピオン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。