「海辺の彼女たち」藤元明緒、新藤兼人賞の金賞に感慨「映画は本当に素敵な仕事」

4

121

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 23 74
  • 24 シェア

2021年度新藤兼人賞の授賞式が本日12月3日に東京・如水会館で開催された。

2021年度新藤兼人賞授賞式の様子。左から西ヶ谷寿一、藤元明緒、小島央大。

2021年度新藤兼人賞授賞式の様子。左から西ヶ谷寿一、藤元明緒、小島央大。

大きなサイズで見る(全11件)

1996年に設立された同賞は「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーたちの観点から、その年度でもっとも優れた新人監督を選出する映画賞。本年度は2020年12月から2021年11月に1週間以上有料で劇場公開された、新人監督による長編作品160本が選考対象となった。

藤元明緒

藤元明緒[拡大]

金賞を手にしたのは、日本へ出稼ぎに来たベトナム人女性労働者たちの苦悩を描いた「海辺の彼女たち」で監督を務めた藤元明緒。「新藤兼人監督の名を称した、名誉ある賞をいただけて本当に光栄です」と挨拶し、「僕だけではなく関わった人たちみんなで喜びを共有したい」とコメント。続けて、「まだまだ未熟ですが、映画は本当に素敵な仕事だなと、次の世代に言い伝えられるような存在になりたい。今後もがんばってまいりますので、藤元組をよろしくお願いします!」と意気込んだ。

小島央大

小島央大[拡大]

銀賞に輝いたのは、現代日本の犯罪をリアルに描いた「JOINT」監督の小島央大。関係者やスタッフに感謝を述べ、主演の山本一賢に「初めての出会いが印象的で『この人ならJOINTの主役にできる! 主役にしたい!』と強く思いました。これからもご一緒したい」とメッセージを送る。そして「これからも新しくて面白い作品に挑戦していきたい」と語った。

西ヶ谷寿一

西ヶ谷寿一[拡大]

優秀な作品の完成に貢献したプロデューサーや企画者へ贈られるプロデューサー賞は、「あのこは貴族」の西ヶ谷寿一のもとへ。西ヶ谷は「“おめでとう”という賞ではなく、『もっと大きな作品を作りなさい』という叱咤激励の意味が込められた賞だと思っています。ここで満足している場合じゃない」と気を引き締めた。

この記事の画像(全11件)

読者の反応

  • 4

Naoya Sakagawa @sakagan

「海辺の彼女たち」藤元明緒監督、第3回大島渚賞を受賞! 4月3日に記念上映会を開催

「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)が大島渚監督の名を冠して創設した「大島渚賞」の第3回受賞者が、藤元明緒監督(「僕の帰る場所」「海辺の彼女たち」)に決定した。」

「第3回大島渚
https://t.co/pKfgWYEa5W

コメントを読む(4件)

関連記事

藤元明緒のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海辺の彼女たち / JOINT / あのこは貴族 / 藤元明緒 / 小島央大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。