「ONODA」遠藤雄弥、カンボジアでの満身創痍の撮影振り返る

1

78

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 27 49
  • 2 シェア

ONODA 一万夜を越えて」の初日舞台挨拶が本日10月8日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われ、キャストの遠藤雄弥津田寛治仲野太賀井之脇海イッセー尾形が登壇した。

「ONODA 一万夜を越えて」初日舞台挨拶の様子。左から井之脇海、仲野太賀、遠藤雄弥、津田寛治、イッセー尾形。

「ONODA 一万夜を越えて」初日舞台挨拶の様子。左から井之脇海、仲野太賀、遠藤雄弥、津田寛治、イッセー尾形。

大きなサイズで見る(全6件)

「ONODA 一万夜を越えて」ポスタービジュアル

「ONODA 一万夜を越えて」ポスタービジュアル[拡大]

太平洋戦争終結後も約30年にわたりフィリピンに潜伏していた実在の旧日本陸軍少尉・小野田寛郎の壮絶な日々を描いた本作。遠藤と津田が2人1役で青年期と熟年期の小野田を演じ、「汚れたダイヤモンド」で知られるアルチュール・アラリが監督を務めた。

「ONODA 一万夜を越えて」

「ONODA 一万夜を越えて」[拡大]

日本兵を演じた遠藤、津田、井之脇が撮影時に悩まされたのは、カンボジアという異国の環境。遠藤が「お水だけが体に合わず、みんな熱を出しながら満身創痍の撮影だった」と打ち明けると、井之脇は「減量のために食を制限すると水分に癒やしを求める。でもその水が現地では手ごわかった」と同意する。さらに井之脇が「遠藤さんの宿泊先のホテルの天井が雨水で崩壊。部屋も荷物も全部びしょ濡れだった」と明かすと、被害に遭った遠藤は「撮影を終えて部屋に戻ったら部屋中水浸し。天井を見上げたら夜空が見えた。水は恐ろしい」と振り返った。

「ONODA 一万夜を越えて」

「ONODA 一万夜を越えて」[拡大]

小野田の帰国を成功させた鈴木紀夫役の仲野は、役柄にちなんで「どうしても行きたかった場所・会いたかった人」を聞かれると「カンヌ国際映画祭」を挙げる。「深田晃司監督の『淵に立つ』がカンヌに出品されたとき、僕はドラマの撮影スケジュールの都合で現地に参加できなかった。でも運よくスケジュールが数日空いたので、マネジャーの制止を振り切って強引にカンヌに行きました。レッドカーペットを歩くことはできなかったけれど、行くことに意味があったし、行ってよかった」と回想。イベントでは津田が「若手俳優陣の格闘技にも似た共演が見どころ。特に太賀くんの目に注目して!」と若手に花を持たせる一幕も。

左から井之脇海、仲野太賀、遠藤雄弥、津田寛治、イッセー尾形。

左から井之脇海、仲野太賀、遠藤雄弥、津田寛治、イッセー尾形。[拡大]

終盤には、日本公開を祝しアラリからカンヌ産のワインがキャストを代表して遠藤に贈呈された。アラリからの「参加してくれた俳優、スタッフに敬意を表します」というビデオメッセージを観た遠藤は「本来ならばみんなでカンヌに行って監督と一緒に喜びを分かち合いたかった。いつか必ずみんなでフランスに行きたい。監督に会う際は小野田さんの故郷である和歌山県の地酒をお返しで持っていきたい」と再会を願った。最後は津田による発声で観客を巻き込んだ一丁締めで、イベントは幕を閉じた。

「ONODA 一万夜を越えて」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全6件)

(c)bathysphere - To Be Continued - Ascent film - Chipangu - Frakas Productions - Pandora Film Produktion - Arte France Cinéma

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

「ONODA」遠藤雄弥、カンボジアでの満身創痍の撮影振り返る
https://t.co/6tIpbz6ZQq

#ONODA #遠藤雄弥 #津田寛治 #仲野太賀 #井之脇海 #イッセー尾形 https://t.co/oN1myWexgI

コメントを読む(1件)

関連記事

遠藤雄弥のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ONODA 一万夜を越えて / 遠藤雄弥 / 津田寛治 / 仲野太賀 / 井之脇海 / イッセー尾形 / アルチュール・アラリ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。