ONODA 一万夜を越えて

ONODA 一万夜を越えて

オノダイチマンヤヲコエテ

2021年10月8日(金)公開(日本) / 配給:エレファントハウス

(C)2021映画『ONODA』フィルム・パートナーズ(CHIPANGU、朝日新聞社、ロウタス)

解説 実話を基に映画化し、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング作品となった人間ドラマ。太平洋戦争後、フィリピン・ルバング島にて小野田寛郎旧陸軍少尉が、日本に帰還するまで、約30年間にわたり過ごした壮絶な日々を描く。松浦祐也アルチュール・アラリ監督がメガホンをとり、遠藤雄弥、津田寛治、仲野太賀、松浦祐也らが出演する。

ストーリー 太平洋戦争末期、フィリピンのルバング島に残っていた小野田陸軍少尉と彼の率いる日本兵たちは、戦争の終わりを知らされなかった。任務解除の命令も受けず、ルバング島で戦時下と同じ緊張と孤独の壮絶な環境の中、小野田は約30年間生き延び、日本へ帰還する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全3件)