毎日映画コンクールで「MOTHER」が大賞に、最多受賞は「アンダードッグ」

1750

第75回毎日映画コンクールの受賞結果が発表され、日本映画大賞に「MOTHER マザー」が選ばれた。

第75回毎日映画コンクールのビジュアル。

第75回毎日映画コンクールのビジュアル。

大きなサイズで見る(全3件)

「MOTHER マザー」 (c)2020「MOTHER」製作委員会

「MOTHER マザー」 (c)2020「MOTHER」製作委員会[拡大]

「MOTHER マザー」は実際に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得て企画・製作された人間ドラマ。大森立嗣が監督を務め、その場しのぎの生活を送る自堕落な母親を長澤まさみが演じた。

「アンダードッグ」 (c)2020「アンダードッグ」製作委員会

「アンダードッグ」 (c)2020「アンダードッグ」製作委員会[拡大]

日本映画優秀賞は武正晴監督作「アンダードッグ」が受賞。同作は男優主演賞の森山未來、撮影賞の西村博光、録音賞の藤丸和徳、瀬川徹夫と合わせて最多4冠を達成した。また女優主演賞には「喜劇 愛妻物語」の水川あさみ、男優助演賞には「罪の声」の宇野祥平、女優助演賞には「朝が来る」の蒔田彩珠が選出されている。「朝が来る」を手がけた河瀬直美には監督賞が贈られた。

スポニチグランプリ新人賞は「許された子どもたち」の上村侑、「37セカンズ」の佳山明が獲得。映画初出演・初主演で受賞を果たした上村と、「許された子どもたち」の監督・内藤瑛亮から喜びのコメントが届いた。上村は「『許された子どもたち』のワークショップで内藤監督が『上村侑』を見つけて皆様の前に送り出してくださったおかげでこうして人前に立つ事が出来ました」「キャストの皆、スタッフの皆様、そして、僕を撮影期間中ずっと支えてくれた家族…この作品に携わり、支えてくれた方々がいなければ撮影、公開までたどり着けなかったと思いますので、この賞はその全員でいただいた賞なのだと思っています」と感謝。内藤は「一年にわたって、役と誠実に向き合い、頑張ったことが報われましたね。上村侑くんの才能がより多くの方に伝わるきっかけになることを祈っております」と期待を込めている。

すべての受賞結果は以下の通り。表彰式は、東京・めぐろパーシモンホールで2月17日に開催される予定だ。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

第75回毎日映画コンクール 受賞結果

日本映画大賞

「MOTHER マザー」

日本映画優秀賞

「アンダードッグ」

外国映画ベストワン賞

パラサイト 半地下の家族

男優主演賞

森山未來「アンダードッグ」

女優主演賞

水川あさみ「喜劇 愛妻物語」

男優助演賞

宇野祥平「罪の声」

女優助演賞

蒔田彩珠「朝が来る」

スポニチグランプリ新人賞(男性)

上村侑「許された子どもたち」

スポニチグランプリ新人賞(女性)

佳山明「37セカンズ」

監督賞

河瀬直美「朝が来る」

脚本賞

丸山昇一一度も撃ってません

撮影賞

西村博光「アンダードッグ」

美術賞

磯見俊裕、露木恵美子「ばるぼら

音楽賞

渋谷慶一郎ミッドナイトスワン

録音賞

藤丸和徳、瀬川徹夫「アンダードッグ」

アニメーション映画賞

魔女見習いをさがして

大藤信郎賞

音楽

ドキュメンタリー映画賞

れいわ一揆

TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 日本映画部門

「ミッドナイトスワン」

TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 外国映画部門

TENET テネット

田中絹代賞

梶芽衣子

特別賞

大林恭子(映画プロデューサー)

この記事の画像(全3件)

関連記事

大森立嗣のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 MOTHER マザー / アンダードッグ 前編 / アンダードッグ 後編 / 海辺の映画館―キネマの玉手箱 / パラサイト 半地下の家族 / 一度も撃ってません / ミッドナイトスワン / 喜劇 愛妻物語 / 罪の声 / 37セカンズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。