山崎賢人と土屋太鳳は肉体型?「今際の国のアリス」キャストが始まりの地・渋谷に集結

1812

「今際の国のアリス」のプレミアイベントが本日12月7日に東京・MIYASHITA PARKで開催され、キャストの山崎賢人土屋太鳳村上虹郎町田啓太劇団EXILE)、朝比奈彩桜田通三吉彩花柳俊太郎金子ノブアキ青柳翔(劇団EXILE)、仲里依紗吉田美月喜、監督の佐藤信介が登壇した。

「今際の国のアリス」プレミアイベントの様子。

「今際の国のアリス」プレミアイベントの様子。

大きなサイズで見る(全34件)

山崎賢人

山崎賢人[拡大]

本作は突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で、命を懸けた“げぇむ”に挑む若者たちの姿を描くデスゲームファンタジー。この日のイベントはげぇむの始まりの場所となる渋谷で行われた。12月10日よりNetflixで全世界独占配信される本作について、山崎は「ワクワクしています! 信介監督と一緒に世界に向けたドラマを映画のようなクオリティで作れると聞いたときに、すごくワクワクして。撮り終わった今でも最高の作品ができたと思っているので、早く皆さんに観ていただきたい気持ちでいっぱいです」と待ちきれない様子で述べる。

土屋太鳳

土屋太鳳[拡大]

村上虹郎

村上虹郎[拡大]

土屋は「アクションが壮大ですしCGもすごいので、どのように観てもらえるのかドキドキしています。私たちも実際に、一晩中走って逃げて飛んでということをしているので、“本物”になっているのではないかと思います」とアピール。本作の魅力を問われた村上は「ネタバレが厳しすぎて僕の頭では説明できないんですが……」と頭を抱えつつ、「日々の生活でこういう人いるよねという人と、ちょっと浮世離れした人が、スケールの大きな“今際の国”という世界で共存しているというのがとても面白い」と語った。

町田啓太

町田啓太[拡大]

本日欠席したチョータ役の森永悠希からのコメントが読み上げられると、町田は「僕たちの中で(森永を)師匠と呼ばせていただいてるんですけど、手紙が丁寧すぎてうろたえています(笑)」とこぼし、撮影を「渋谷のスクランブル交差点のシーンはオープンセットで撮影させてもらったのですが、その規模感に圧倒されました」と述懐。すると仲は「セットっていうことを知らなかったです。今『マジで!?』と戸惑っていますけど、そのくらい映像が素晴らしいです」と驚きをあらわにした。

上段左から金子ノブアキ、三吉彩花。下段左から村上虹郎、仲里依紗。

上段左から金子ノブアキ、三吉彩花。下段左から村上虹郎、仲里依紗。[拡大]

桜田通

桜田通[拡大]

三吉もVFXが駆使された映像に触れ「この世界に入った感覚をリアルに、そしてスリリングに体感していただけると思います」と紹介。桜田は「自分はニラギとして狡猾に嫌なことをする役をやらせていただきました。CGのすごさと人間模様がうまく交わって描かれているので、ぜひそこを観ていただきたいです」と期待を込めた。

左から吉田美月喜、朝比奈彩、柳俊太郎。

左から吉田美月喜、朝比奈彩、柳俊太郎。[拡大]

下段左から土屋太鳳、山崎賢人。上段左から青柳翔、町田啓太。

下段左から土屋太鳳、山崎賢人。上段左から青柳翔、町田啓太。[拡大]

撮影の3カ月前から柳とともにアクション練習に取り組んだという朝比奈。「最初は柳さんとも気を使いながらやっていたんですが、撮影が近付くにつれて『当たってもいいよ』という安心感を与えていただけました」と振り返り、柳は「僕は日本刀で、朝比奈さんは素手だったんです。しかも朝比奈さんの手足が長いからすごく伸びてくるので、その辺りは(アクション監督の)下村勇二さんと相談しながら練習しました」と続ける。また青柳が「アグニはえれえ筋肉とえれえ坊主なので、監督になんとかCGでお願いできませんかと言ったら、監督が『うーん、わかりました』とうなずいてくれて。だからあの坊主と筋肉はすべてCGです」と自身の役について明かすと、キャストたちから「絶対嘘ですよ!」と総ツッコミを受けていた。

左から土屋太鳳、山崎賢人。

左から土屋太鳳、山崎賢人。[拡大]

本作には知能型、肉体型、バランス型、心理型という4つのジャンルが登場。自身がどれに当てはまるか聞かれた土屋は「迷わず肉体型です! ほかのげぇむが当たった瞬間、号泣すると思います(笑)」と回答し、山崎も「かろうじて肉体型ですかね。バランス型もいいなと思いつつ、仲間がいないと死んじゃうかなと。動くのが好きなので肉体型ですね」と同じく肉体型を選んだ。

クリスマスツリーの点灯を見るキャストたち。

クリスマスツリーの点灯を見るキャストたち。[拡大]

佐藤信介

佐藤信介[拡大]

イベントでは、ステージに置かれたクリスマスツリーを山崎と土屋が点灯する場面も。佐藤は「この作品は3年前くらいからスタートしたんですが、そのときは世の中が飽和しきった中で恐怖ってなんだろうと思ったところから作り始めて。あれから数年が経って状況が一変しましたが、当時考えていたテーマが皆さんに伝わって生きる希望を持っていただけたらいいなと思います」と思いを伝える。土屋は「みんなが覚悟を決めながら刻んだ作品です」と、山崎は「この作品を観て皆さんが生きていくヒントになればいいなと思いますし、海外ドラマを自分が楽しんでいたように愛される作品になればいいなと思います」と語りかけた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

この記事の画像・動画(全34件)

関連記事

山崎賢人のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 山崎賢人 / 土屋太鳳 / 村上虹郎 / 町田啓太 / 劇団EXILE / 三吉彩花 / 桜田通 / 朝比奈彩 / 柳俊太郎 / 金子ノブアキ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。