土屋太鳳、平祐奈ら東京国際映画祭のオープニング彩る、NAOTOは撮影で“肉待ち”

1204

第33回東京国際映画祭のレッドカーペットイベントが、本日10月31日に東京・国際フォーラムで開催された。

左から寺門ジモン、土屋太鳳、NAOTO。

左から寺門ジモン、土屋太鳳、NAOTO。

大きなサイズで見る(全32件)

土屋太鳳

土屋太鳳[拡大]

NAOTO

NAOTO[拡大]

自撮りをするNAOTO(右)と土屋太鳳(左)。

自撮りをするNAOTO(右)と土屋太鳳(左)。[拡大]

特別招待作品「フード・ラック!食運」からは監督の寺門ジモン、キャストの土屋太鳳NAOTOEXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)がレッドカーペットに現れた。NAOTOは「映画の現場ではいろいろな待ち時間があるのですが、初めて“肉待ち”を経験しました」と、土屋は「監督は何が撮りたいのかがはっきりわかっていらっしゃる方。たくさんテイクを重ねたこともありましたが、それがすごく心地よかった」と寺門を絶賛して彼を照れさせる。

左から優希美青、三木康一郎、平祐奈。

左から優希美青、三木康一郎、平祐奈。[拡大]

平祐奈

平祐奈[拡大]

ALSを題材とした「10万分の1」の監督・三木康一郎は「若い子に映画を楽しんでもらいながらも、病気のことを知ってほしくてバランスを大切にしながら撮りました」と振り返り、難病を患う莉乃役の平祐奈は「少年心が満載の方」と共演した白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE / EXILE)に言及。優希美青は「祐奈とはリアルに親友なんです。悲しんでいるのを目の当たりをするシーンでは、自分の余計な感情が入ってお芝居に影響してしまって……」と演じるうえで感じた難しさを伝えた。

佐久間由衣

佐久間由衣[拡大]

藤原季節

藤原季節[拡大]

HOKUSAI」の監督・橋本一は、葛飾北斎の青年期と老年期を演じた柳楽優弥、田中泯の目の魅力を「画家の目で切り取られた世界を、あのまなざしが語ってくれている」と説明し、「君は永遠にそいつらより若い」で主演を務めた佐久間由衣は「目をそらしてきたことに向き合うよう意識しました」とコメント。TOKYOプレミア2020に選出された「私をくいとめて」の大九明子は「生き物として愛らしいし、役に対してすごく真摯で一緒に戦ってくださる素晴らしい俳優」とキャストののん、林遣都に感謝する。「佐々木、イン、マイマイン」の監督・内山拓也は「苦しんでいる人を1人でも救い上げたいと、真剣に取り組んで撮った」と明かし、主演の藤原季節は「どんなジャンルにもくくれない作品ができあがりました」と作品の出来に胸を張る。

深田晃司

深田晃司[拡大]

左から土村芳、森崎ウィン。

左から土村芳、森崎ウィン。[拡大]

筒井真理子

筒井真理子[拡大]

そしてJapan Now部門で特集上映が行われる深田晃司は「驚いたというか恐縮しました。よく決断してくださったなとうれしい気持ちです」と挨拶する。彼のもとへ駆けつけた「本気のしるし 劇場版」のキャスト森崎ウィンは「劇場版は普通よりちょっと長いんです。でもまばたきをする時間もないくらいのめり込めると思います」とアピールし、「淵に立つ」「よこがお」に出演した筒井真理子は「自分でも見たことがない表情をすくい取ってくれる」と深田の監督としての魅力を言葉にしていった。

スタッフに誘導されるたまごのさと(前列左)、おおとろやま(前列右)。

スタッフに誘導されるたまごのさと(前列左)、おおとろやま(前列右)。[拡大]

特別招待作品の劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」を手がけたタムラコータローは、田辺聖子の小説や2003年公開の実写映画が有名なことへのプレッシャーを感じたと率直に述べたあと「リメイクというよりはリブート。新鮮な気持ちで観ていただけるとうれしいです」と緊張の面持ちで語る。「ジャパニーズ・アニメーション」内の企画で上映される「どすこい すしずもう」からは、力士のたまごのさと、おおとろやまがスタッフに手を引かれながらゆっくりと登場したが、体が大きく、新型コロナウイルス感染対策で設置されたアクリル板の間に入りきらないハプニングが。監督の助川勇太は「一番の魅力はお寿司たちがすもうを取るところ。ぶつかり合ったときの化学反応を楽しんでいただけたら」と呼びかけ、自身は力士たちではなくわさびぎょうじがお気に入りだと告白した。

「ある職場」のキャスト、スタッフ。

「ある職場」のキャスト、スタッフ。[拡大]

TOKYOプレミア2020の「ある職場」は、職場におけるセクハラ問題を扱った群像劇。監督の舩橋淳は「最初はドキュメンタリーにしようと思いましたが、取材を受けてくれた方の顔や名前を出せなくて。その熱量をそのまま伝えようとフィクションとして脚本を書きました」と制作時を懐かしむ。ワールド・フォーカス「海辺の彼女たち」の監督・藤元明緒は「日本で生きている外国の方と接するのは僕のライフワークです。これからもそういう方々と関わりながら、映画作りに発展していけたら」と意気込んだ。

エドモンド・ヨウ

エドモンド・ヨウ[拡大]

さらに海外で活躍する監督たちが、2週間の自主的な待機期間を経て同映画祭に参加した。全編日本で撮影された「蛾の光」のリャオ・チエカイは「日本のお客様にしっかりと伝われば」と反響に期待し、マレーシアと日本で捉えられた「Malu 夢路」のエドモンド・ヨウは永瀬正敏や水原希子との仕事を「2人の存在は、マレーシアのキャストにものすごいインスピレーションを与えることができた」と回想する。大阪を活動拠点に国内外で活動している「カム・アンド・ゴー」のリム・ カーワイは世界の現状に触れながら日本語で「一生日本に帰れないんじゃないかと思ったときに、選出の知らせを聞いてすごくうれしくなりました」と喜びを口にした。

第33回東京国際映画祭は、11月9日まで東京・六本木ヒルズほかで開催。

この記事の画像・動画(全32件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

土屋太鳳のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フード・ラック!食運 / 10万分の1 / HOKUSAI / 君は永遠にそいつらより若い / 私をくいとめて / 佐々木、イン、マイマイン / 本気のしるし 劇場版 / 淵に立つ / よこがお / ジョゼと虎と魚たち の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。