TAMA NEW WAVEノミネート作決定、CINEMA FORUMでは松本穂香が登壇

190

第21回TAMA NEW WAVEコンペティションのノミネート作品が決定。第30回映画祭TAMA CINEMA FORUMのプログラムも発表された。

「ROLL」

「ROLL」

大きなサイズで見る(全26件)

「初仕事」 (c)水ポン

「初仕事」 (c)水ポン[拡大]

“日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見"を目的とするTAMA NEW WAVEコンペティションでは、なら国際映画祭2020のNARA‐wave 学生映画部門で観客賞を受賞した村瀬大智の「ROLL」、第33回東京国際映画祭のTOKYOプレミア2020でも上映される小山駿助の「初仕事」など6作がノミネート。これらの作品は11月23日に東京・ヴィータホールで上映され、一般審査員と実行委員の審査によってグランプリが決定する。また11月21日と22日には、実行委員から強く推薦のあった作品を集めた「ある視点」部門の上映が東京・ベルブホールで行われる。

「おいしい家族」 (c)2019「おいしい家族」製作委員会

「おいしい家族」 (c)2019「おいしい家族」製作委員会[拡大]

「君が世界のはじまり」 (c)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

「君が世界のはじまり」 (c)2020『君が世界のはじまり』製作委員会[拡大]

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、プログラム数を絞った今回のTAMA CINEMA FORUMでは「あたらしい世界のはじまり ふくだももこ監督 × 松本穂香」を展開。ふくだももこが監督を務めた「おいしい家族」「君が世界のはじまり」の上映と、両作に出演した松本穂香のトークショーが行われる。

「音楽」 (c)大橋裕之/ロックンロール・マウンテン/Tip Top

「音楽」 (c)大橋裕之/ロックンロール・マウンテン/Tip Top[拡大]

岩井澤健治監督特集」では「福来町、トンネル路地の男」「嘆きのアイスキャンディー」など岩井澤健治の初期短編と「音楽」を上映。岩井澤と映画評論家・森直人がトークショーに登壇する。トーク終了後には岩井澤による原画サイン会も。

「れいこいるか」 (c)国営株式会社

「れいこいるか」 (c)国営株式会社[拡大]

「アルプススタンドのはしの方」 (c)2020「アルプススタンドのはしの方」製作委員会

「アルプススタンドのはしの方」 (c)2020「アルプススタンドのはしの方」製作委員会[拡大]

そして「鬼才の狂宴 いまおかしんじ監督 × 城定秀夫監督」では、いまおかしんじの「れいこいるか」と城定秀夫の「アルプススタンドのはしの方」がスクリーンに。いまおかと城定が対談する。

「8日で死んだ怪獣の12日の物語―劇場版―」 (c)日本映画専門チャンネル/ロックウェルアイズ

「8日で死んだ怪獣の12日の物語―劇場版―」 (c)日本映画専門チャンネル/ロックウェルアイズ[拡大]

「なぜ君は総理大臣になれないのか」 (c)ネツゲン

「なぜ君は総理大臣になれないのか」 (c)ネツゲン[拡大]

このほか「8日で死んだ怪獣の12日の物語―劇場版―」上映と監督・岩井俊二のトーク、「なぜ君は総理大臣になれないのか」上映および監督・大島新と慶應義塾大学教授・井手英策氏の対談もプログラムとして用意された。

「はちどり」 (c)2018 EPIPHANY FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.

「はちどり」 (c)2018 EPIPHANY FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.[拡大]

「本日休診」

「本日休診」[拡大]

さらに「韓国映画の青春群像 ―思春期の少女とダンスへの情熱―」では「はちどり」「スウィング・キッズ」を上映。「昭和のコメディ」では「本日休診」「喜劇 女は男のふるさとヨ」「幕末太陽傳」「貸間あり」がスクリーンにかけられる。

第30回映画祭TAMA CINEMA FORUMは東京・府中市と多摩市で、11月21日から26日、そして29日に開催。前売りチケットは11月1日にPassMarketで発売される予定だ。詳細は映画祭の公式サイトで確認を。

この記事の画像(全26件)

第21回TAMA NEW WAVE

コンペティション部門

11月23日(月・祝)東京都 ヴィータホール
<上映作品>
「(Instrumental)」(監督:宮坂一輝)
「ROLL」(監督:村瀬大智
「旧グッゲンハイム邸裏長屋」(監督:前田実香)
「GLIDE」(監督:鈴木トウサ)
「初仕事」(監督:小山駿助)
「ライフ オブ スカイウォーカー」(監督:小林哲也)

ある視点部門

11月21日(土)、22日(日)東京都 ベルブホール
<上映作品>
グッドバイ(監督:宮崎彩
たまらん坂(監督:小谷忠典
ふゆうするさかいめ(監督:住本尚子)
ムイト・プラゼール(監督:朴正一)
愛をたむけるよ(監督:団塚唯我)
朝の帰り道(監督:葛城康平)
泥(監督:成瀬都香)
夜のそと(監督:中川奈月)
珈琲のしみ(監督:橋田奈奈)
コーンフレーク(監督:磯部鉄平
過ぎ行くみなも(監督:河辺怜佳
ナイトライダー(監督:佐藤安稀)
残景(監督:中村洸太)
とうめいな生き物たち(監督:高山康平
≠(監督:十城義弘)
ワクラバ(監督:難波弘二)

第30回映画祭TAMA CINEMA FORUM

2020年11月21日(土)~26日(木)、29日(日)東京都 府中市、多摩市
※11月24日(火)は休映

第12回TAMA映画賞授賞式

11月29日(日)東京都 府中芸術の森 どりーむホール
<上映作品>
「海辺の映画館―キネマの玉手箱」
<登壇者>
大林恭子 / 岩井俊二 / 城定秀夫 / 小野莉奈 / 西本まりん / 中村守里 / 岩井澤健治 / 福山雅治 / 濱田岳 / 水川あさみ / 大森立嗣 / HIKARI / ふくだももこ(予定)/ 宮沢氷魚 / 松本穂香 / 森七菜ほか

あたらしい世界のはじまり ふくだももこ監督 × 松本穂香

<上映作品>
おいしい家族
君が世界のはじまり
<登壇者>
松本穂香

岩井澤健治監督特集

<上映作品>
「来町、トンネル路地の男」
「嘆きのアイスキャンディー」
音楽」ほか
<登壇者>
岩井澤健治 / 森直人

鬼才の狂宴 いまおかしんじ監督 × 城定秀夫監督

<上映作品>
れいこいるか
アルプススタンドのはしの方
<登壇者>
いまおかしんじ / 城定秀夫

「8日で死んだ怪獣の12日の物語」でミニシアターを応援しよう!

<上映作品>
8日で死んだ怪獣の12日の物語―劇場版―
<登壇者>
岩井俊二

この国の政事

<上映作品>
なぜ君は総理大臣になれないのか
<登壇者>
大島新 / 井手英策

オンライントークプログラム「団地団、オンラインで参上!─COVID19下における映画鑑賞及び若尾文子は如何にして『しとやかな獣』に成りしか─」

<登壇者>
団地団(大山顕、佐藤大、速水健朗、稲田豊史、妹尾朝子、山内マリコ)
※「しとやかな獣」の上映はなし

韓国映画の青春群像 ―思春期の少女とダンスへの情熱―

<上映作品>
はちどり
スウィング・キッズ

昭和のコメディ

11月25日(水)、26日(木)ベルブホール
<上映作品>
本日休診
喜劇 女は男のふるさとヨ
幕末太陽傳
貸間あり

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

村瀬大智のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 おいしい家族 / 君が世界のはじまり / 音楽 / れいこいるか / アルプススタンドのはしの方 / 8日で死んだ怪獣の12日の物語―劇場版― / なぜ君は総理大臣になれないのか / はちどり / スウィング・キッズ / 本日休診 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。