アヌシー国際アニメーション映画祭が開催中止、オンラインでの展開を検討

78

アヌシー国際アニメーション映画祭および見本市MIFAの開催中止が公式サイトで発表された。

過去の映画祭の様子。(写真提供:PHOTOPQR / LE DAUPHINE LIBERE / ゼータ イメージ)

過去の映画祭の様子。(写真提供:PHOTOPQR / LE DAUPHINE LIBERE / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

2020年6月15日から20日にかけてフランスで行われる予定だった同映画祭。新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を踏まえ、このたび開催中止の運びに。主催チームは開催に向けて動いていたが、利用施設のスケジュール調整が付かず中止の決断に至ったという。現在、オンラインでの展開が検討されており、現地時間4月15日にオフィシャルセレクション作品が発表される。

来年の映画祭は2021年6月14日から19日にかけて実施を予定。今年予定されていた、映画祭60周年を記念する催しとアフリカのアニメーション特集も来年に持ち越しとなる。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、カンヌ国際映画祭から独立する形で1960年にスタート。アニメーションに特化した映画祭としては世界最大規模を誇り、2019年はフランスのアニメーション「失くした体」が長編部門のグランプリに輝いた。

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク