「ミッドサマー」R18+のディレクターズカット版、全国の劇場で上映決定

8980

アリ・アスター監督作「ミッドサマー」のディレクターズカット版が、3月13日より全国各地の劇場で公開される。

「ミッドサマー」ポスタービジュアル

「ミッドサマー」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全11件)

ディレクターズカット版は、未公開シーンを追加した上映時間2時間50分のバージョンで、映倫区分はR18+。料金は均一で2000円となる。通常版の「ミッドサマー」のムビチケは使用できないので注意してほしい。上映劇場は東京・TOHOシネマズ 日比谷など。詳しくは映画の公式サイトで確認を。

現在全国で上映中の「ミッドサマー」は、スウェーデンの奥地で90年に1度開かれる祝祭を訪れた学生たちの運命を描くスリラー。フローレンス・ピュージャック・レイナーウィル・ポールタービョルン・アンドレセンらが出演した。

なお映画の公式Twitterアカウントでは、アスターへの質問を3月9日まで募集。後日、アスターからの回答が同アカウントで公開される。

この記事の画像・動画(全11件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

アリ・アスターのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.