映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ミッドサマー」R18+のディレクターズカット版上映へ、ドリパスでリクエスト募集

1847

アリ・アスター監督作「ミッドサマー」ディレクターズカット版の上映イベントが、ドリパスにて企画されている。

現在全国で上映中の「ミッドサマー」は、スウェーデンの奥地で90年に1度開かれる祝祭を訪れた学生たちの運命を描くスリラー。フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ビョルン・アンドレセンらが出演した。

通常版の「ミッドサマー」はR15+で147分の長さだが、ディレクターズカット版はR18+で170分の作品。現在、TOHOシネマズが運営する上映リクエスト受付サービス・ドリパスで上映会が企画されており、チケット購入数が条件を超えると実施が決定する。上映会は、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズと大阪・TOHOシネマズ 梅田で、3月6日の18時30分から開催される予定。東京ではチケット100枚、大阪ではチケット75枚がイベント成立までのノルマとなっており、両会場分ともに2月27日19時から3月2日11時まで販売される。

「ミッドサマー ディレクターズカット版」上映

2020年3月6日(金)18:30~予定 東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、大阪府 TOHOシネマズ梅田
料金:1900円均一
※TOHOシネマズ 六本木ヒルズのプレミアムボックスシートはイベント成立の場合のみ、劇場サイトまたは窓口にて3月4日(水)0:00より販売
※別途ドリパスシステム利用料の税込260円が発生
※「ミッドサマー ディレクターズカット版」はR18+指定作品

(c)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー