映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

モトーラ世理奈が「恋恋豆花」で台湾グルメに舌鼓、お気に入りは天天饅頭

683

「恋恋豆花」初日舞台挨拶の様子。左から洸美-hiromi-、利重剛、椎名鯛造、モトーラ世理奈、大島葉子、真宮葉月、今関あきよし。

「恋恋豆花」初日舞台挨拶の様子。左から洸美-hiromi-、利重剛、椎名鯛造、モトーラ世理奈、大島葉子、真宮葉月、今関あきよし。

恋恋豆花」の初日舞台挨拶が本日2月22日に東京・K's cinemaで行われ、キャストのモトーラ世理奈大島葉子利重剛椎名鯛造真宮葉月洸美-hiromi-、監督を務めた今関あきよしが登壇した。

本作は人生に行き詰まり大学中退を考えている主人公・森下奈央が、父の3度目の結婚相手である女性・塚田綾とともに台湾旅行へ出るさまを描くロードムービー。モトーラが奈央、大島が綾を演じたほか、父・博一に利重、バックパッカーの日本人青年・中山清太郎に椎名、台湾のマッサージ店で働く女性に真宮が扮した。また洸美-hiromi-は本人役で出演を果たし、主題歌「恋恋豆花」も手がけている。

「台湾で一番楽しかったこと、おいしかったもの」を聞かれたモトーラは「えっと……いっぱいあります。いろんなところでいろんなものを食べました。劇中で食べているものが私たちの実際のご飯になっていたので」と撮影を振り返る。映画には出てこないが、台中で食べられる天天饅頭がお気に入りだそうで「本当においしくて……お薦めです」と顔をほころばせた。

大島は「おいしいものもあり、おいしくないものもあり」と笑って述懐。2人が撮影をしていることに気付かないまま食事をしているシーンもあるという。今関は「僕らが台湾で出会った人たちをそのまま映画の中に出したいと思ったんです。彼らを2人にそのまま出会わせたい。半分ドキュメンタリーですね」と企画の着想を語る。「お店はロケハンしてたんですが、2人が『おいしそう』と言って急に入った店でも撮影してるんです。まあよく食べた。ひたすら食べた」と明かした。

最後にモトーラが「この映画を観て、普通の映画とはちょっと違うような不思議な、メリーゴーランドに乗ってるみたいな気持ちになりました。皆さんにもおいしいものを食べたあとの温かい気持ちを持って帰っていただければうれしいなと思います」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

「恋恋豆花」は全国で順次ロードショー。

(c)2019「恋恋豆花」製作委員会

映画ナタリーをフォロー