「ヲタ恋」が週末動員トップ、「犬鳴村」「スーパー戦隊MOVIEパーティー」初登場

542

2月8日から9日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、初登場の「ヲタクに恋は難しい」がトップに輝いた。

「ヲタクに恋は難しい」本ポスタービジュアル (c)ふじた/一迅社 (c)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会

「ヲタクに恋は難しい」本ポスタービジュアル (c)ふじた/一迅社 (c)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会

大きなサイズで見る(全10件)

ふじたの同名マンガをもとにした本作。隠れ腐女子のOL・桃瀬成海を高畑充希、ゲームオタクの同僚・二藤宏嵩を山崎賢人が演じ、菜々緒、斎藤工、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗らが共演に名を連ねる。福田雄一が監督を務めた。

「犬鳴村」ポスタービジュアル (c)2019「犬鳴村」製作委員会

「犬鳴村」ポスタービジュアル (c)2019「犬鳴村」製作委員会[拡大]

このほかの初登場作品として、清水崇が監督を務めた三吉彩花の主演ホラー「犬鳴村」が2位、「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー/魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO スーパー戦隊MOVIEパーティー」が5位に入った。

「パラサイト 半地下の家族」ポスタービジュアル (c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

「パラサイト 半地下の家族」ポスタービジュアル (c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED[拡大]

なお、本日2月10日に授賞式が行われた第92回アカデミー賞で作品賞含む4冠を獲得した「パラサイト 半地下の家族」は、公開5週目にして4位にランクインしている。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

2020年2月8日~9日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(NEW)「ヲタクに恋は難しい」
2.(NEW)「犬鳴村」
3.(1↓ / 2週目)「AI崩壊
4.(3↓ / 5週目)「パラサイト 半地下の家族」
5.(NEW)「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー/魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO スーパー戦隊MOVIEパーティー」
6.(2↓ / 3週目)「キャッツ
7.(5↓ / 12週目)「アナと雪の女王2
8.(4↓ / 5週目)「カイジ ファイナルゲーム
9.(7↓ / 8週目)「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
10.(6↓ / 2週目)「バッドボーイズ フォー・ライフ

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 バッドボーイズ フォー・ライフ / 劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー/魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO スーパー戦隊MOVIEパーティー / 犬鳴村 / カイジ ファイナルゲーム / AI崩壊 / ヲタクに恋は難しい / キャッツ / パラサイト 半地下の家族 / アナと雪の女王2 / スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。