映画「キャッツ」 PR

「キャッツ」特集|世界中で愛され続ける名作ミュージカルが実写映画化

全世界累計観客動員数8100万人を記録し、1981年の英ロンドン初演以来、今なお世界中を魅了し続けるミュージカル「キャッツ」が実写映画化! 「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパーがメガホンを取り、「オペラ座の怪人」など数々のミュージカルを手がけてきた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーら制作陣が集結した。

個性豊かな猫たちには、英国ロイヤル・バレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードをはじめ、グラミー賞を幾度も受賞してきたテイラー・スウィフトや、ジェニファー・ハドソン、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランといった名優たちが扮している。

ナタリーでは本作が1月24日に全国公開されることを記念し、ジャンルを横断して全3回にわたる特集を実施。ステージナタリーでは音楽評論家 / 元劇団四季取締役・安倍寧と日米英の3都市でミュージカル「キャッツ」に出演した堀内元の対談をお届けする。さらに映画ナタリーでは日本語吹替版キャストの葵わかな、音楽ナタリーでは吹替版音楽プロデューサー・蔦谷好位置にインタビュー。「キャッツ」が長年愛されてきた理由、映像として生まれ変わった新たな魅力に迫る!

CHARACTER

ジェリクルキャッツ

人間に飼い馴らされることを拒否し、気高く生きる個性豊かな猫たち。
ジェリクル舞踏会では、長老猫オールドデュトロノミーが行う“ジェリクルの選択”により、新たな命を生きる1匹の猫が選ばれる。

ヴィクトリア (フランチェスカ・ヘイワード)

ヴィクトリア (フランチェスカ・ヘイワード / 吹替・葵わかな)

人間に捨てられた臆病な子猫。真っ白な毛並みが目を引く。

マンカストラップ(ロビー・フェアチャイルド / 右)

マンカストラップ(ロビー・フェアチャイルド / 吹替・山崎育三郎)

ジェリクルキャッツのリーダー的存在。若きヴィクトリアを導く。

グリザベラ(ジェニファー・ハドソン)

グリザベラ(ジェニファー・ハドソン / 吹替・高橋あず美)

誰からも愛されず、寂しく路地裏をさまよう孤独な猫。

オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ)

オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ / 吹替・大竹しのぶ)

すべての猫から尊敬される長老猫。天上へ昇る猫を指名する。

バストファージョーンズ(ジェームズ・コーデン)

バストファージョーンズ(ジェームズ・コーデン / 吹替・ロバート 秋山竜次)

町一番の金持ちでグルメな紳士猫。

ミストフェリーズ(ローリー・デヴィッドソン)

ミストフェリーズ(ローリー・デヴィッドソン / 吹替・森崎ウィン)

少し気弱だが優しく、手品が得意な“マジック猫”。

スキンブルシャンクス(スティーヴン・マックレー)

スキンブルシャンクス(スティーヴン・マックレー / 吹替・大貫勇輔)

鉄道をこよなく愛する働き者の猫。

ラム・タム・タガー(ジェイソン・デルーロ)

ラム・タム・タガー(ジェイソン・デルーロ / 吹替・Official髭男dism 藤原聡)

甘い歌声で雌猫たちをメロメロにする自由奔放な猫。

ジェニエニドッツ(レベル・ウィルソン)

ジェニエニドッツ(レベル・ウィルソン / 吹替・浦嶋りんこ)

昼間はぐうたら、夜は元気なおばさん猫。

ガス(イアン・マッケラン)

ガス(イアン・マッケラン / 吹替・宝田明)

かつては人気役者。過去の栄光を懐かしむ老猫。

マキャヴィティ(イドリス・エルバ)

マキャヴィティ(イドリス・エルバ / 吹替・山寺宏一)

神出鬼没で恐ろしい力を持つお尋ね者の猫。

ボンバルリーナ(テイラー・スウィフト)

ボンバルリーナ(テイラー・スウィフト / 吹替・RIRI)

マキャヴィティと行動をともにする妖艶な猫。

ランペルティーザ(ニーヴ・モーガン / 左)、マンゴジェリー(ダニー・コリンズ / 右)。

マンゴジェリー&ランペルティーザ(ダニー・コリンズ、ニーヴ・モーガン / 吹替・宮野真守、沢城みゆき)

悪名高きコソ泥カップル猫。