映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

奥野壮と高橋文哉が仮面ライダーの“変身ベルト”語る「ソウゴじゃ~ないと!」

5615

「アルトじゃないと」のポーズをする奥野壮(左)と高橋文哉(右)。

「アルトじゃないと」のポーズをする奥野壮(左)と高橋文哉(右)。

「THE HENSHIN COMPLETE SELECTION MODIFICATION EXHIBITION VOL.1」スペシャル前夜祭 & CSM新作発表会が、本日12月6日に東京・ベルサール秋葉原で開催され、奥野壮高橋文哉が登壇した。

「THE HENSHIN」は、仮面ライダーシリーズの“大人のための変身ベルト”を扱うイベント。これまでに発表されている玩具CSMシリーズの紹介や、「変身ベルトの未来」をコンセプトとした特別展示も用意されている。

前夜祭ではまず、ゲストの2人がトーク。「仮面ライダージオウ」仮面ライダージオウ / 常磐ソウゴ役の奥野は「王様が王冠をかぶったら、おお、様になるー! はい、ソウゴじゃ~、ないと!」と飛電或人の“アルトじゃないと”風ギャグで笑いを起こす。そんな先輩に「ありがとうございます!」とお礼を述べた「仮面ライダーゼロワン」仮面ライダーゼロワン / 或人役の高橋は「今のは非常に面白いジョーク」とイズ風にギャグを解説し、「我が魔王!」とウォズのように奥野を敬った。

「自分にとって変身ベルトとは?」という質問に、奥野は「一緒に戦ってきた戦友であり、相棒」と回答。一方高橋は「一言でいうと、研究道具です。どれだけ変身ベルトをかっこよく見せるか、そして変身ベルトを使ってどれだけかっこよく変身するか。また、どう“飛電或人”でいるか。研究に研究を重ねています」と答えて観客を唸らせた。

「THE HENSHIN」の中で、奥野はDXジクウドライバーの制作過程を公開する展示が気になるそうで「1人の男子としてもワクワクするし、ここまで見せてしまって大丈夫なのかと心配になるレベルでした! (相棒のベルトが)真っ裸になってました……(笑)」と笑う。そして高橋は「変身ベルトの未来」コーナーのモーションセンサー機能を体験したそうで「ベルトを着けると、動きに合わせて音やエフェクトが出るんです。ゼロワンで言ったら、バッタ(のエフェクト)が出てきたりとか。何十年後かに、あの技術で変身する仮面ライダーが出てくるのかなと思うと楽しみです」と期待を述べた。

そして「変身を一言で表すと?」というお題に、奥野は「勇気、力をくれるもの」と答え「今から敵を倒すんだという気持ちになれるもの。敵がいないとしても、気持ちがぐっと引き締まるものです」と解説。同じお題に高橋は「歴史あるバトン」と回答し「歴代の皆さんが言ってきたものですし、僕らも(撮影で)1週間に何度も言うんです。『変身』という言葉にはいろんな思いが詰まっています」としっかりまとめた。

また後半には、2人が主演する12月21日公開の映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の話題へ。奥野は「まず、ジオウとゼロワンが一緒に戦います。それからゲイツ、ウォズ、ツクヨミが今までの『ジオウ』ではあまりなかった生身のアクションをやっていて、ものすごくかっこいいです」と見どころをアピールする。続く高橋は「或人が感情をあらわにするところもあって、お父さん(其雄)への思いが明らかになります。或人や其雄に寄り添って観ていただけたら、いろんな視点で楽しめると思います」とコメント。仮面ライダーのバトンを受け継いだ高橋に関して、奥野は「最初から『ああ(芝居が)上手だな』って思ってました。『ゼロワン』1話と2話を観させていただいたときから、『もう大丈夫だ』って感じていたので。今は、こんなにご立派になられて……」と絶賛し、本人から「我が魔王、やりづらいっす!(笑)」と返されていた。

そのほかイベントでは、高橋がゼロワン変身ポーズのコツを説明する場面も。また“マイベスト変身ベルト”を発表するコーナーでは、奥野がDXキバットベルト、高橋がDXディケイドライバーをチョイス。そして新作CSMの「CSMキバットベルト」「CSMタツロット」の発売が発表されると、「仮面ライダーキバ」好きの奥野も目を輝かせる。そしてトーク後に2人は会場内を周り、高橋が実際に“未来のベルト”を使って仮面ライダーゼロワンの変身ポーズを披露。すると奥野が「やってみたい!」と進み出て、急遽ゼロワンへの変身に挑戦していた。

「THE HENSHIN」は、同会場にて明日12月7日、8日に開催。

THE HENSHIN COMPLETE SELECTION MODIFICATION EXHIBITION VOL.1

2019年12月7日(土)、8日(日)東京都 ベルサール秋葉原
10:00~18:00
※最終入場17:30
入場料:無料

「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

映画ナタリーをフォロー